秋田の女性のWork&Life a.woman

4APRIL
2018

お母さん

目指せオリンピック!大人も子どもも楽しめるトランポリン【大館市】

トランポリンは知っていても、トランポリンが国体やオリンピックの競技として行われていることは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、国内の競技人口(団体登録者数)が1,500人程度というマイナーな競技なのです。そのトランポリンが盛んに行われているのが大館市。
幼稚園から小学生、中高生までたくさんの子どもたちがトランポリンを楽しんでいます。

トランポリンってどんな競技?

トランポリンはアメリカからヨーロッパで普及し、1964年に初めてロンドンで世界選手権が開催されました。オリンピックでは2000年のシドニー大会から体操競技のトランポリン種目として正式採用され、日本では2019年から国体種目に加わることが決まっています。

競技では予備ジャンプを除く10本のジャンプを飛び、1本ずつを採点し合計点で競われます。レベルによってクラス分けされていて、幼児から小中学生まで同じ大会に出場し技を競い合います。

大人も子どもも楽しめるトランポリン

トランポリンは誰でも楽しめるスポーツです。特に子どもは飛び跳ねるのが楽しいので、運動が苦手な子どもでも始めやすく、すぐに慣れるそうです。
個人競技なので、チームのスポーツと違いそれぞれのペースでじっくり練習ができるのも良いですね。
また体幹や筋肉を無理なく鍛えられるということで、小さい頃から始めるのに向いています。バランスや集中力が鍛えられるので、他のスポーツのトレーニングとしてトランポリンが取り入れられている例も多いのです。

普段運動不足が気になる大人にもトランポリンはおすすめです。
足腰への負担が軽減されるので、楽しみながら運動できます。また、空中でバランスをとることでインナーマッスルが鍛えられます。
何歳からでも始められるトランポリンなら子どもと一緒に楽しめます。

トランポリンを始めてみたい

大館市にはトランポリンスポーツ少年団があり、近隣の市町村からでも練習に参加することができます。市内各地の体育館で曜日ごとに練習が行われているので、都合のよい場所と曜日を選び参加できます。
初めてで不安だという子どもさんや、大人でやってみたいという方は、大館市トランポリン協会へ申し込みすれば大館市釈迦内のトランポリン専用練習場で見学や体験が可能です。

目指せ国体!オリンピック!

大館市には、オリンピックなどで使われる競技用規格のトランポリンがあり、普段の練習から使用しています。昨年は東北大会と全国大学選手権大会が、大館市タクミアリーナ(樹海体育館)で行われました。


(県大会や全国大会が行われるタクミアリーナ)

大館市でトランポリンが盛んなのは、世界大会出場レベルの指導者が地元で子どもたちを指導してくれているからだそうです。小さい頃からハイレベルな指導を受け「夢はオリンピック!」と話してくれる小学生も多くいます。


(2人編成で同時に同じ空中演技を行うシンクロナイズド競技の様子。手前の選手はなんと小学2年生!)

もちろん、全員が国体やオリンピックを目指す!というわけではなく楽しみながら身体を鍛えたいからトランポリンを始めたという人も多くいます。それぞれのペースで目標を立てて頑張れるのが魅力です。

お問い合わせ、見学希望
【大館市トランポリン協会】
電話:090-6228-8206(佐藤)
釈迦内トランポリン専用練習場 地図

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

鈴木 敦子

廃線となった小坂鉄道が好きすぎて大館市に移住。小学生の娘と山や川で遊び、一年中自然を満喫しています。親子で楽しめるイベントや気になるあれこれ、頑張る女性に役立つ情報を県北から選りすぐってお届けします。

関連記事

お母さん

働くママの強い味方!病児託児「子育てラボhateao」秋田市にオープン!

お母さん

大仙市の病児・病後児保育園「ほほえみルーム」子どもが入園・入学するお母さん必見!

お母さん

職場の理解や家族と周囲の協力をチカラに、深夜勤の激務もこなす看護師さん

お母さん

もっと親子の時間を楽しもう!能代・山本地域の子育てを盛り上げるパワフルお母さん

お母さん

目指せオリンピック!大人も子どもも楽しめるトランポリン【大館市】

お母さん

大仙市の病児・病後児保育園「ひだまり」はアットホームで優しい雰囲気!

おでかけ

やっぱり気になる秋田オーパに行って来ちゃいました!〜後編〜

おでかけ

やっぱり気になる秋田オーパに行ってきちゃいました!〜前編〜

お母さん

大館市 古本・カフェ岬舎 赤ちゃん連れでもゆっくり読書を