秋田の女性のWork&Life a.woman

9SEPTEMBER
2018

おでかけ

〈鹿角市〉人と人との縁をつなぐ、湯の駅おおゆ

800年の歴史を持つと伝えられる鹿角市大湯温泉。古くは盛岡と鹿角を結ぶ来満街道の宿駅として栄え、不老倉鉱山や小坂鉱山で働く人々の保養地としても賑わいました。
現在は、十和田湖への観光の南側玄関口として人気の温泉地です。
温泉宿のほか、上の湯、下の湯、川原の湯、荒瀬の4つの共同浴場があり、豊富な湯量で温泉好きにも知られる名湯です。

ここ大湯温泉の新しい名所として2018年4月、秋田県内で32番目の道の駅として「湯の駅おおゆ」がオープンしました。

「縁が輪になる、大湯のえんがわ」が運営コンセプト。
建築家の隅研吾氏設計の、木目が美しい外観に目が奪われます。

大湯えんがわショップ

取り扱い商品は、地元や県内のお土産だけでなく、近隣の県や全国の素敵な商品がセレクトショップのように並び、県内や地元の人でもショッピングを楽しめます。
秋田県立大学木材高度加工研究所で作られた「円筒LVL (単板積層材)」を使ったユニークな内装も面白く、商品のディスプレイにも活かされています。

かつて大湯名物だった「大湯こけし」の生産は途絶えてしまいましたが、静岡県から取り寄せたこけしラムネ(300円)はお土産に人気の品です。

円筒LVLでディスプレイされた、今話題の秋田犬グッズの数々。

入手困難と言われる地元鹿角市、小坂町産のワインも。

道の駅といえば地元産の採れたて新鮮野菜です。
ここにもえんがわショップならではのこだわりが!サラダに、パスタにピッタリのチーズドレッシング(496円)も合わせてどうぞ。

大湯えんがわカフェ

「えんがわカフェ」は11:00オープン。
なかでも、希少な短角牛「かづの牛」を使ったメニューが人気です。


かづの短角牛贅沢バーガー(1,000円)
(写真のポテトセットは1,200円)


かづの短角牛サーロインステーキバーガー(ポテト付き3,000円)
土日祝日のみ1日限定5食!


鹿角市産カシスの特製ソフトクリーム(400円)

他にも魅力的なメニューがいっぱいで、何を選ぼうかあれもこれもと迷ってしまいます。

温泉足湯とじゃぶじゃぶ池

広々とした芝生の広場を眺めながら、大湯温泉の源泉100%掛け流しの足湯で疲れを癒やしましょう。えんがわカフェのソフトクリームを食べながらゆったり過ごすのもおすすめ!

すぐそばには、少しぬるめの「温泉じゃぶじゃぶ池」があります。少し肌寒い日でも、子どもたちが元気いっぱいに遊べますよ。

大湯えんがわ市

地元の人々に愛されている朝市。道の駅オープンに合わせ、大湯温泉街からこちらに移転してきました。
4と9の付く日の午前中に開かれています。

季節の新鮮な野菜、地元の山菜などが並びます。


名物白い大判焼き(1個120円)も朝市で。


秋田県民ならつい買ってしまうあのアイス。ジジヘラシャーベットヘラ盛りアイスはメロン味!

歴史ある温泉街に生まれた新しい道の駅。
地元の人々と、遠方から訪れるお客さまをつなぐ縁を大切にし、大きな輪を生み出す新たな観光スポットです。

※価格はすべて税込み。

【湯の駅おおゆ(道の駅おおゆ)】
秋田県鹿角市十和田大湯字中谷地 19番
0186-22-4184
営業時間
大湯えんがわショップ 9:00〜18:00
大湯えんがわカフェ 11:00〜16:00
大湯えんがわ市 4と9の付く日の午前中
https://yunoeki-oyu.jp/

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

鈴木 敦子

廃線となった小坂鉄道が好きすぎて大館市に移住。小学生の娘と山や川で遊び、一年中自然を満喫しています。親子で楽しめるイベントや気になるあれこれ、頑張る女性に役立つ情報を県北から選りすぐってお届けします。

関連記事

おでかけ

〈鹿角市〉昔懐かしい木造校舎「中滝ふるさと学舎」で自然と触れ合う癒しの時間を

おでかけ

<八峰町>とっておきの秘密基地「CRANDS」がオープン!アウトドアを気軽に!

おでかけ

<大館市>1万本のひまわり畑と、リアルかかし大集合!?「ひまわりフェス」開催

おでかけ

〈潟上市〉メゾンドットがリニューアル!オシャレな雑貨とSNS映えする話題のカフェ

おでかけ

〈鹿角市〉気温13℃の観光坑道でひんやり!1300年の歴史を体感「史跡尾去沢鉱山」

おでかけ

<八峰町>夏が来た!家族で自然体験を楽しむなら、あきた白神体験センター

おでかけ

<北秋田市>ふみきり野cafeは今が花盛り。比内地鶏のシフォンケーキも見逃せない!

おでかけ

〈鹿角市〉人と人との縁をつなぐ、湯の駅おおゆ

おでかけ

休日のお出かけに!のんびり蔵めぐりさんぽ<増田町>