秋田の女性のWork&Life a.woman

12DECEMBER
2018

今月のCLOSE UP

一覧を見る

秋田初の総合介護情報サイト-more-をオープン。介護に関わるすべての人の役に立ちたいと決断!

秋田県の総合介護情報サイト-more-代表 工藤 愛さん

小さなお子さんのいる工藤愛さんが、介護にまつわる総合情報サイト-more-を立ち上げました。え?小さな子どものお世話をしながら、介護のサイトを立ち上げる?なんてバイタリティなの!と思った私は、さっそく工藤さんの元へーーー

母として一人の人間として、将来を考えると見えてきた未来

ーーこのお仕事を始めようと思ったキッカケは?

工藤 2年ほど前、長女を出産した頃のことです。産休育休に入るといろいろと考える時間ができて。

それまでは介護施設の職員として忙しく働いていたのですが、これまでの職員という立場から、今後は介護を客観的に見る場所に身を置きたいと考えるようになりました。
私自身も結婚し妻となり、母となり、家族として、一人の人間として、さまざまな角度から将来を考えた時「介護の情報サイトがこれからの世の中にきっと必要になる」と思ったんです。

介護は環境として見る必要があります。介護をする人、される人、その用品を扱う人など、さまざまな人が関わって運営されているもの。ですから、もっと多角的に見る必要があると感じました。高齢者に優しい取り組みをされている方、これから介護に関わるかもしれないたくさんの方に向けて、ポータルサイトで情報を掲示するだけじゃなく実際にイベントの開催もしながら、さまざまな方面で役に立ちたいと考えています。
もっと役に立つ情報を、もっと届けたい、という気持ちで-more-と名付けました。

ーーそれからどんなふうに活動を始めましたか?

工藤 半年ほどの構想を経て、まずは起業にかかる助成金を受けるために市役所を訪れてみました。「採算があわないからやめたほうがいい」など、何の準備もしていなかったのでさんざんに言われてしまいましたが…その後も諦めずにいろんな窓口にアタックしました。

インターネットで調べたら同じようなサイトが他県ですでに稼働していたので、「やれないわけがないっ」と強く思っていました。誰に何と言われても、不思議とめげることはありませんでしたね(笑)。

工藤 そうこうしているうちに、秋田ビジネスプランコンテストに応募する運びとなり、ファイナリストまで勝ち残ることに。苦手なプレゼンもなんとかこなし、なんとグッドプラン賞を受賞することができたんです! やはりこれは秋田県に必要なビジネスだと確信しました。

工藤 その後、無事ポータルサイトも立ち上がり、現在はさまざまな施設に営業に回っています。先日は仙北市長にお会いすることができ、市町村との連携もさらに強化していきたいですね。

子連れ営業はとにかく楽しかった!

ーーすごい行動力ですね。小さなお子さんを連れて大変だったのでは?

工藤 いえいえ、楽しかったですよ。赤ちゃん連れというだけで、どこに行ってもすごく優しくしてもらって。「頑張ってね」とたくさん声をかけていただきました。

それに大変だったことはあまり覚えていません。「まずはやってみよう!」という気持ちが強くて、それだけでやってこられました。ちなみに家族には事後報告でしたが、思っていたよりもすんなりと受け入れてくれて、今ではとても応援してくれています。

ーー今後はどんなサイトにしたいですか?

工藤 全県の施設情報を偏りなく載せたいです。介護に関わるのはある日突然ということもあります。そんな時にどういう施設がいいのかをきちんと探せるようなサイトに、と思っています。

また、在宅で介護されている方向けの講座やイベントも随時開催する予定です。その他にも、施設のレクリエーションの受託、働く側のマッチングなどもしていければと考えています。

ーー介護に関わるすべての女性にメッセージを

工藤 介護が必要になったときは、まずは市町村各自治体にある地域包括支援センターに相談に行きましょう。その上で、最適な介護サービスを受けられる施設を当サイトで探してみてください。

↓便利なチャート式『初めての介護サービスの選び方』もあります。
http://akita-more.co.jp/step01/

工藤 「そんなこと考えたくない」と思いがちですが、介護はおそらく大多数の方がいずれは関わること。いつかは訪れるその時に、事前に「こうしたい」という思いを持っていると、いざという時に違います。心に余裕を持って、正しいを選択することができます。-more-はそんなたくさんの方たちの、身近な存在でありたいと思っています。

ふんわりとした可愛らしい雰囲気で、会うと何だか支えたくなってしまうくらいなのに、実はものすごい行動力の工藤さん。それも「大変だ」とか「苦労した」なんてみじんも感じさせないから、さらにかっこいい! そんな工藤さんが見据えるのは、子どもたちに託したいこの国の未来の姿です。妻として、母として、介護に10年携わった経験をもとに、介護を多角的にとらえるようなサイトづくりは、彼女にしかできないことですね。

いつかは訪れる介護という現実にやさしく寄り添い、力強くサポートしてくれる-more-。その時になったら、ではなく今からしっかりと基礎知識を蓄えたいですね。

〜秋田の介護施設・見つかる〜
秋田県の総合介護情報サイト【-more-】
http://akita-more.co.jp

【お問い合わせ】
メール:info@akita-more.co.jp
http://akita-more.co.jp/info/


工藤 愛
1987年 秋田市生まれ
2007年 社会福祉法人桜丘会(通所リハビリテーション)に勤務
2011年 有限会社ケアポート秋田(通所介護)に勤務
2015年 長女出産
2016年 あきたビジネスコンテスト2016 グッドプラン賞受賞
2017年 退職
2017年 合同会社more設立
2017年 あきたの総合介護情報サイト【-more-】立ち上げる

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

桐谷 うらら

3人のママ、iro*ha茶店オーナー、クルールあきた編集長、デザイナー、ライターをやってます。いろんな苦手を必死で克服しているうちに、いつの間にか多方面で活動をするように。色とお茶が大好き。目指しているのは世界平和です。心が安らぐこと、愛のあるメッセージを発信していきます♪

CLOSE UP!記事一覧

2018.12.4

自身を表現する彫刻家の道を歩みながら、暮らしに寄り添うハンドメイドの世界も探求する造形作家

造形作家 菅原 綾希子 さん

2018.11.1

心身ともに輝ける未来を!身体の女性らしさや、自分の時間を持つ素晴らしさを伝えるインストラクター

美姿勢トーニング認定講師・手帳ライフコーディネーター 後藤 明代 さん

2018.10.2

いつまでも「食」を楽しみたい「つくる・たべる」をナビゲーションする食と健康のスペシャリスト

「食naviステーション」代表 木村 まゆみさん

2018.9.4

人とペットが幸せに暮らすために。ある犬との出会いが人生を変えたメディカルアロマテラピスト

「Relaxation Salon & School ルベール」代表 和田 淳子 さん

2018.8.1

ずっと寄り添える存在でいたい。子どもの闘病を機に出会った山のすばらしさを伝える登山ガイド

登山ガイド 大川 美紀 さん

2018.7.2

もっと心の深いところへ。唯一無二の歌声と心震わす楽曲で聴く人を魅了する吟遊詩人

ミュージシャン 青谷 明日香 さん

2018.6.1

その土地にある素材を生かした独特なものを創りたい。秋田の文化を新たな目線でデザインする建築家

コマド意匠設計室 柳原 まどか さん

2018.5.1

旬の食材を麹でシンプルにおいしく食べる。体をつくるごはんの大切さを伝える食の伝道師

「旬菜みそ茶屋くらを」女将 鈴木 百合子 さん

2018.4.3

目標に向かって突き進む圧倒的パワー!ニューヨークでベストに選ばれたヘアメイクアップアーティスト

hair and makeup Kelly さん