秋田の女性のWork&Life a.woman

6JUNE
2018

暮らし

IN HER LIFE — 姉妹のセンスがぎゅっと詰まった心地よいカフェ<秋田市>

今、インスタグラムで話題の秋田市御所野にあるカフェ「IN HER LIFE」。「食事×雑貨×空間」がコンセプトのこちらのお店は、2015年のオープン以来、口コミで人気が広まっている注目のスポットです。

母娘で理想のカフェを実現!

お店を立ち上げたきっかけは、上京していた長女・桃香さんが「28歳には秋田に戻ってなにかやりたい!」と考えていたこと。その時期がちょうど次女・夢花さんの大学卒業と重なり、桃香さんがもともと大好きだったカフェを母娘3人で開こうと決意。そこから桃香さんが飲食店開業の専門学校で学んだことや、夢花さんが雑貨店でアルバイトをしていた経験を活かし、調理師や栄養士の友人の協力のもとオープンにこぎつけました。

吹き抜けの明るい店内はアメリカ西海岸やハワイのテイストでまとめられ、東京で買い付けしたりテーブルを一つ一つオーダーするなど内装の至るところにこだわりが。旅先で見つけたお気に入りのカフェのように、非日常でも落ち着ける空間づくりを心がけているそうです。

彩り鮮やかで趣向を凝らしたフード&ドリンクメニュー

メニューのラインアップは、レギュラーものや平日のみのToday’s Lunch(数量限定・選べるドリンク付)のほか、土日祝日限定メニューなど多数。+50円でライス大盛りもできるので、男性でも満足のいくボリュームです。人気メニューはなくなり次第終了することもあるのでお早めに!

写真は、選べるドリンク付きのTODAY’S LUNCH プレート(950円)。取材日は、タコライス温玉のせプレート、人参とツナのデリサラダ、ピクルス、冬瓜のスープ、ホットコーヒー(アメリカーノ)。ランチタイムは+200円で本日のデザートも◎。タコライス温玉のせプレートは、10月から平日5食限定メニュー(1,000円)となります。

14時からはカフェタイムとなり、ヨーグルトアートを施したフルーツたっぷりのアサイーボウルは14:30からオーダー可能。種類豊富なコーヒーメニューはもちろんのこと期間限定ドリンクも人気で、10月末まではブルーベリーとバナナの甘みで飲みやすいアサイースムージー(600円・テイクアウトのみ)を提供しています。毎月変わるインスタグラムだけのシークレットメニュー(各550円)もあり、9月は自家製シロップのレモンスカッシュ、10月はラズベリーミルクシェイクエスプレッソシェイクを用意。ご希望の方はお店で「シークレットドリンク」と注文してくださいね。ドリンクはすべてテイクアウトOK!


(テイクアウトのカップには桃香さん手描きのイラストが!かわいい!)

テイクアウトドリンクを注文した人も利用できるテラス席には、灰皿やドッグステイ用リードフックが設置されているので、仕事中の休憩や散歩の途中でちょっと一息…なんて過ごし方もできますね!

雑貨選びからレンタルスペースまで楽しみ方いろいろ

客層は高校生や家族連れ、カップルや年配の方、さらにインスタで見たという県外客までと幅広く、取材当日も平日にもかかわらずお客さんが次々と来店する人気ぶり。乳幼児用のイスも用意されているので、お子さん連れでも安心です。

国内外から仕入れる雑貨は、テーブルウェアや文具、ヴィンテージ雑貨、ジュエリー、ドッグアイテムなどバラエティ豊かな品揃え。要望に応じてギフトラッピングもしてくれるそうです。

2階は13:30〜18:00までの間、要予約のプライベートレンタルスペースとして提供しています。パウンドケーキと選べるドリンク付きで3時間一人1,300円(2〜5名まで、子ども不可)。

姉妹お二人の好きな映画「In Her Shoes」からヒントを得て名付けたIN HER LIFEという店名。それには桃香さん曰く、「私たち親子それぞれの人生が集結したこの場所を、お客さんにとっても、人生のひとときを彩る特別な場所だと思ってもらえたら…」という願いが込められています。

※価格はすべて税込


【CAFE AND LIFE STYLE SHOP

IN HER LIFE(インハーライフ)】
秋田市御所野地蔵田2-15-12
電話番号/018-807-4115
営業時間/11:30〜19:00(店内LO17:00、テイクアウトLO18:00)
ランチタイム11:30〜14:00
第1・3・5火曜11:30〜15:00(LO14:00)
定休日/水曜、第2・4火曜
駐車場/8台

※予約不可。
※一人一品のオーダー制(小学生以上)。
※混雑時は2時間制。席の移動をお願いする場合あり。
※乳児用の食事、ベビーカー持ち込み可。
※店内でのおむつ替え不可。
インハーライフinstagram

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

熊谷 清香

地元タウン誌や広告代理店勤務を経て、KITA DESIGNで企画・編集をしています。小中学生の母。趣味はテニス観戦。秋田市出身。丑年。

関連記事

暮らし

遊び心溢れるbotanicoでオシャレなインテリアグリーンを見つけよう!〈秋田市〉

お母さん

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.12 まだむ式時短家事術(?)

お母さん

革職人が惚れた東北製のランドセル。秋田県ではマルサンカバン店だけ!〈湯沢市〉  

お母さん

家族で楽しめるおもちゃと遊びの専門店のはらむら〈秋田市〉

暮らし

【テイクアウトシリーズ】健康志向のリピーター多数!山王デリカテッセン<秋田市>

お母さん

母の日に特別なプレゼント。お花とドライフルーツを秋田杉の木箱に込めて<能代市>

暮らし

〈大館市〉プロが撮影!ロケーションフォトで思い出づくり

暮らし

【ちょこっと手みやげ♪シリーズ】小林菓子舗のさくら餅とうぐいす餅

暮らし

〈北秋田市鷹巣〉木製家具職人が営むおしゃれなカフェ&ギャラリー HOLTO(ホルト)