TOP

おでかけ

稲川をまるごと楽しめる稲庭城!!〈湯沢市〉

「稲庭城」は鎌倉時代から約400年もの間、県南一帯を治めた小野寺氏のお城です。冬季は休業ですが、4月下旬より11月上旬まで営業中。子どもと楽しめる稲川城のポイントをご紹介します。

東北最大級のスロープカーと整備された山道!

お城は標高300メートルの小高い山の上にあります。行き方はスロープカーに乗って行くか、もしくは山道を歩いて登るか
私はもちろん、東北最大級といわれているスロープカーに乗りました! 赤い車両がかっこよくて、思わず写真を撮ってしまいます。車内で流れるアナウンスを聞いていると、つい稲庭城の世界に入り込んでしまい…。窓から眺める壮大な景色は気持ちよく、山道も見下ろすことができます。かっこいいスロープカーで殿様気分が味わえるかも!!?

 


(下の待合室には素敵なソファーも。心地よい待ち時間が過ごせます)

山道では、途中に何箇所か椅子もあるので、休憩しながらのんびり歩くことができます。運がよければスロープカーとすれ違うこともあり!! 迫力満点です!!私が稲庭城を訪れた日、山道で地域の方にお会いしました。「いつもの散歩コースだ」「この前来たときに咲いていなかった花が咲いていた」と教えてくれました。皆さんそれぞれの楽しみ方があるようです。片道30分。整備されているのでお子様にも歩きやすい道になっています。

お城の中は金箔の世界が!! そして城の外にはアスレチック!?

稲庭城は4階建てで、1・2階は伝統産業のフロアです。2階の純金箔張りの黄金の間は必見! 漆器と仏壇の技術がすばらしく圧倒されます。

3階は小野寺氏にまつわる歴史や品々が展示され、縄文時代等の遺跡も見ることができます。

そして4階には展望台があり、森吉山や太平山を見ることもできます。(晴れた日でも見えない日があるそうです。運が良ければきれいに見えますよ!)城から見渡す景色はなんだか特別な気持ちになります。

城の外をよく見ると…なんと遊具を発見!! 木で作られたおもしろい遊具は、子どもも大喜びですね。 ちょっとひと休みして、稲川の景色を見ながらおにぎりを食べたりするのも良いかも♪
10月にはこの場所で「稲庭城まつり」が開催されるそうです。

駐車場近くにはお土産売り場があります。おもしろいものを発見!鎌倉時代にタイムスリップしたような気分が味わえます。

(右:サムライ刀傘 1840円・税込 左:稲庭城六連発ゴム銃(小)1080円・税込)

稲庭城は稲川をまるごと楽しめるお城です。行きは山道を歩いて、遊び疲れてしまったら帰りはスロープカー!! こんな風に子どもと一緒にハイキングも楽しめますよ! 展望台から田園風景や皆瀬川が手に取るように眺められ、これからの新緑シーズン、秋の紅葉シーズンが特におすすめです。ぜひ一度、稲川まで足をのばしてみませんか。

【稲庭城】
湯沢市稲庭町字古舘前平50番地
TEL:0183-43-2929
営業時間:9時30分~16時30分
城入場料(スロープカー料金込み):大人430円 子ども210円
※お土産売り場で販売しています。
開館期間:4月下旬から11月上旬
休館日:毎週火曜日(火曜日が祝日にあたる場合は、その直後の平日営業日)

 

 

 

キーワード

秋田県内エリア

Writer

増永洋子

増永洋子

東京都出身。現在は湯沢市在住。「地域の方たちが、季節をかみしめるように楽しんでいる」それが東北の暮らしの魅力のひとつです。山菜リュック、母さんの花柄ファッション、農帽、漬物、寒天料理に山菜…。秋田に来て好きになった物は数えきれないほどあります。「東北のくらし」を私なりに楽しんでいきたいです。

関連記事

〈北秋田市〉喫茶メニューとソフトが美味!「 Cafe l’école(カフェ エコル)」

〈北秋田市〉喫茶メニューとソフトが美味!「 Cafe l’école(カフェ エコル)」

〈にかほ市〉ゲル宿泊で異文化体験! 「象潟モンゴルヴィレッジ バイガル」

〈にかほ市〉ゲル宿泊で異文化体験! 「象潟モンゴルヴィレッジ バイガル」

〈仙北市〉田沢湖アクティビティへ出かけよう!Tazawako sup house.

〈仙北市〉田沢湖アクティビティへ出かけよう!Tazawako sup house.

〈三種町〉新鮮ぷるっぷるを!「じゅんさいスタンド PETIT BATEAU」

〈三種町〉新鮮ぷるっぷるを!「じゅんさいスタンド PETIT BATEAU」

【おすすめ公園シリーズ】親子で冒険しよう!県立中央公園フィールドアスレチック

【おすすめ公園シリーズ】親子で冒険しよう!県立中央公園フィールドアスレチック

〈五城目町〉滋味あふれるランチが絶品!「下タ町醸し室 HIKOBE」

〈五城目町〉滋味あふれるランチが絶品!「下タ町醸し室 HIKOBE」