TOP

暮らし

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.5 私ってオバさんだな、と思う瞬間

 

まだむユキコ、39歳!なんだか最近イライラする!

またこのネタから始まってしまいました。しかも1歳年増えてるし…。39歳…。アラサーって言ったら100人中100人にツッコまれる年齢ですね。アラフォー…。そろそろ受け入れないといけないんでしょうか。アレを。ずっと見ないふりをしてきたアレを。自分が、オバ…オバ…オバ…、
オバさんだということをーーーーー!!!

うわ、オバさんくさい!と思う瞬間

ここ最近、自分がオバさんだと認めざるを得ない瞬間が増えたような気がするんです。

娘に、「ママ、テレビに話しかけるのオバさんくさいよ」と言われて、「えっ、テレビって話しかけるものじゃなかったっけ?」と普通に思ってしまいました。思考が…思考がオバさんになってます…。

それから、スーパーのレジ袋。あれが去年から開けなくなってしまったんです。指先がカサついて…。開けないときがある、とかじゃなくて、絶対開けないんです。毎回開けないんです。スーパーの袋詰め台に、スポンジや濡れた布巾が置いてある意味が初めて分かりました。プリントを配る先生の指を舐める仕草が走馬灯のように思い起されます。
哀しいぃぃぃぃぃぃ!!

あと、朝、自然に目が覚めるようになりました。日曜日の朝、用事もないのに8時前には目が覚めちゃって、同じく目が覚めちゃった旦那と、「俺たちもトシとったな…」なんて話してます。もはや老人?
娘は昼過ぎまで寝てて、それでもまだ眠いとか言ってるのに…。オバさんは朝眠くないけど、夜すぐ眠くなる…。

似合わない服が増えた!!

体重が減って、ちょうど7年前くらいの体型に戻ったので、当時の服を引っ張り出して着てみたんですが、ものすごく気持ち悪いんです…。チェックのネルシャツは登山に行く中年女性にしか見えないし、丸首のトレーナーはミキ○ウスにしか見えないし、フリフリのミニスカートとかワンピースとか、アブない人にしか見えない…。もう、膝頭が隠れる丈の、地味色の服しか着ちゃいけないんだ…。しくしく。

そんなわけで、最近ファッションをコンサバ方面に方向転換しようと思っている私ですが、
娘に、「この服どう?大人っぽいかな」って聞いたら、「オバさんのくせに、大人っぽい?って変だよ…」とポツリと言われてしまいました。確かにぃぃぃぃぃ(号泣)

はぁ~、哀しい。哀しいけど、誰でも必ず歳をとるんだから、受け入れてちゃんと「年相応」の振る舞いをしなくては…。生活習慣病を予防して、歯周病や加齢臭のケアをしなくては…。そして、少しでも若く見られたときはここぞとばかりに喜ぶ。オバさんの完成形に…。

いいよいいよ!もうオバさんで!
世の中の女の人の過半数がオバさんかおばあさんなんだから。こうなったらオバさんの中のオバさん、The オバさん、オバさんオブザイヤー目指してがんばります!!

キーワード

秋田県内エリア

Writer

まだむ ユキコ

まだむ ユキコ

秋田市出身、秋田市在住。2003年~2010年、Sodatsu.com、ママニティにて育児日記を連載。2010年クルール秋田版創刊、2013年まで編集長をつとめる。現在はフリーライターとして活動中。

関連記事

<由利本荘市>「CLASSY and MARNIE」で暮らしにまつわるコーディネートを

<由利本荘市>「CLASSY and MARNIE」で暮らしにまつわるコーディネートを

〈大館市〉助産院イスキアは、妊娠中〜産後のお母さんの強い味方☆

〈大館市〉助産院イスキアは、妊娠中〜産後のお母さんの強い味方☆

【暮らしと電気を考える】コーヒーセミナー&エネ★トーク開催レポート

【暮らしと電気を考える】コーヒーセミナー&エネ★トーク開催レポート

〈秋田市〉誰かの物語に出逢う「秋田良品市庭ごえん」は、手と手を結ぶ店

〈秋田市〉誰かの物語に出逢う「秋田良品市庭ごえん」は、手と手を結ぶ店

〈潟上市〉TRETÅR(トレートール)の雑貨で、日々の暮らしに彩りを

〈潟上市〉TRETÅR(トレートール)の雑貨で、日々の暮らしに彩りを

〈大仙市〉毎日が楽しく、丁寧になる場所。まちの雑貨屋「ミンカ」

〈大仙市〉毎日が楽しく、丁寧になる場所。まちの雑貨屋「ミンカ」