TOP

〈大館市〉アレルギーがあっても◎!「こびとの米粉工房Honokaze」の米粉パン

食物アレルギーや病気による制限で食べられない食材がある人でも、美味しいものを囲んで一緒に食べたい。そんな思いを大切に、大館市でグルテンフリー・乳製品不使用の米粉パンとお菓子を販売している「こびとの米粉工房Honokaze(ほのかぜ)」。住宅街の中にポツンとある、小さな無人販売所を訪れてみました。

店内に誰もいない?まるで「こびと」のお店

優しいタッチで描かれた食パンのイラストが目を引く、可愛らしいユニットハウス。ドアを開けて中に入ると、食パンやフランスパン、ベーグル、シフォンケーキなど、色々な種類のパンやお菓子が並んでいます。

(食パン型の看板が目印の、かわいらしいユニットハウスが販売所)

(ラインナップは日替わり。この日も10種類以上のパンとお菓子が並んでいました)

店内は基本的に無人。自由に商品を選び、会計スペースに設置されているカメラの前で代金を計算し、木箱に投入して支払います。

(現金だけでなく、PayPay支払いにも対応。現金の場合、おつりは出ません)

小麦粉・乳製品は一切不使用

商品はすべてグルテンフリー&乳製品不使用。パン作りを行う調理場は自宅内にありますが、生活スペースとしっかり分けられており、小麦粉や乳製品を一切持ち込みません。(※ただし、使用している材料にコンタミネーションの可能性がある場合があります。)

(アレルゲン7品目の使用について、わかりやすく表示されています)

(無添加や有機の材料も厳選して使用)

パン生地やクッキーなどは、小麦と乳製品だけでなく、卵も不使用。無添加の材料を選んでいるものも多く、できるだけ多くの人が安心して食べられる選択肢を用意しています。

人気商品の一部を紹介♪

(米粉のましかく食パン/一斤650円※写真提供:こびとの米粉工房Honokaze

(スライス食パン/150円)

一番人気の米粉のましかく食パンは、外はカリっと、中はもちもち。口に入れるとお米の味がふわっと広がって、何もつけなくても美味しく食べられます。飽きのこない味で、毎日でも食べたい♪
同じ生地を違う型で焼き上げてスライスした、可愛らしい「スライス食パン」も人気です。

あんバタフランス/350円)

ココナッツオイル主成分のヴィーガンバターと有機あんこを使用しているあんバタフランス。甘さも塩気も優しく、お米の味をより強く感じられます。

(米粉シフォン/200円)

ふんわりとした生地の米粉シフォン(味は日替わり)。こちらは乳製品不使用のチョコレートを使用したもの。米粉の優しい甘さとココアの香りが口いっぱいに広がる、幸せの味です。

(Honokazeカヌレ/350円※写真提供:こびとの米粉工房Honokaze)

何度も試作を重ねてやっと完成させたというHonokazeカヌレも大人気。小麦粉と牛乳だけでなく、なんと卵も不使用なのに、本格的な味わいとカヌレらしい食感に仕上がっています。

安心とおいしさにこだわった材料選び

「材料は、気になったものを何種類も取り寄せて、すべて実際に使ってみてから決めます。『ベーコンエピ』の乳製品不使用・無添加のベーコンも、『あんバタフランス』の有機あんこも、時間をかけてじっくり探しました」と話すのは、店主の田畑美穂さん。米粉も、作るパンやお菓子によってそれぞれに合うものを使い分けており、パンだけでも4種類の米粉を使用しているそうです。

(店主の田畑さん。二人の娘を持つお母さんでもあります)

「これが食べたい」と、自分で選んだものを食べられるように

米粉パンは小麦粉のパンと違い、前日に仕込みを行うことが難しいため、その日販売するパンはすべて当日の朝に仕込んで焼き上げるのだとか。小学校と幼稚園に通う二人の娘の世話をしながら、豊富な種類のパンやお菓子を一人で用意するのは本当に大変ですが、「アレルギーがある人にも、食べたいものを自分で選ぶ楽しさを感じてほしいから、できるだけ多くの種類を作っています」と田畑さんは話します。

意外にも、田畑さん自身や家族には食物アレルギーはないのだそう。だからこそ、乳製品アレルギーがある子どもを持つ友人と交流を重ねるうちに、子どもや家族の苦労を知り、衝撃を受けたと言います。
元々パン作りが趣味だった田畑さんは、その子が食べられる選択肢を増やしたくて、乳製品不使用の材料を探し始めました。

「一人だけ別のものを用意するのではなく、みんなで一緒に好きなものを選びながら食べたいなって。普段食べ物に関してたくさん我慢している人が、選択肢がある中から『これが食べたい』と思ったものを自由に選べたらいいですよね」。

(販売所のユニットハウスは、ネット検索やSNSを駆使して探したのだそう)

お客さんの中には、持病で小麦粉が食べられないので県外から買いに来たという方や、家族にアレルギーがあるという方も。実際に訪れたお客さんに、「自分が食べられるものばかりが置いてあるから、いろいろ選べることが嬉しい」と言われたこともあるそうです。「もともとアレルギーがある方に届けたいと思って始めたので、そういう声を聞くとやっぱり嬉しいです」と田畑さんは話します。

アレルギーがある人も、健康志向の人も、みんなで一緒に食べられるように、丁寧にこだわって作られた美味しいパンとお菓子たち。田畑さんの優しい気持ちがたっぷり詰まった、小さな販売所を覗いてみませんか♪

DATA

【こびとの米粉工房Honokaze(ほのかぜ)】
〒017-0042 秋田県大館市観音堂436-3
電話/050-3635-0729
営業日/instagramでご確認ください。
営業時間/12:00〜17:00(在庫がなくなり次第終了&延長営業あり)
※夜販売の日もあり
オンラインストア

※工房内への小麦粉・乳製品の持ち込みはありませんが、使用している材料はコンタミネーションの可能性があるものもございます。重度のアレルギーの方はご注意ください。

キーワード

秋田県内エリア

Writer

もも

もも

大館市在住。フリーランスでライター、WEB制作、EC運営等をしています。人と話すこと、人を知ること、楽しいことが好き。誰かの心がラクになるきっかけになるような情報発信を目指しています。

関連記事

〈湯沢市〉日本酒がコンセプトのこだわり空間「地酒屋&カフェTAKAIWA」

〈湯沢市〉日本酒がコンセプトのこだわり空間「地酒屋&カフェTAKAIWA」

見た目も味もやみつきになる!蜜飴林檎のりんご飴

見た目も味もやみつきになる!蜜飴林檎のりんご飴

〈潟上市〉食感と風味を楽しむ。何度も通いたいベーカリー「BreadFictions」

〈潟上市〉食感と風味を楽しむ。何度も通いたいベーカリー「BreadFictions」

〈大館市〉オシャレな空間で本格スパイスカレーを!「辛幸食堂」

〈大館市〉オシャレな空間で本格スパイスカレーを!「辛幸食堂」

〈藤里町〉今が旬! 菓子工房エスポワールの「超旬感ロールケーキ」

〈藤里町〉今が旬! 菓子工房エスポワールの「超旬感ロールケーキ」

〈大仙市〉住宅街の小さな焼き菓子屋さん「toi toi toi」で笑顔のおやつ時間を

〈大仙市〉住宅街の小さな焼き菓子屋さん「toi toi toi」で笑顔のおやつ時間を