TOP

暮らし

〈大館市〉掘り出し物に出合えるかも♪古道具店「空 -kuu antiques-」

あちこちで新生活がはじまる4月。お部屋のインテリアにも、新たに家具や小物を迎えたくなる季節ですね♪今年2月に大館市北神明町にオープンした古道具店「空 -kuu antiques-」では、空き家のマッチング事業を行う「NPO法人あき活Lab」の三澤舞さん・雄太さん夫婦が、空き家の持ち主から引き取った古道具たちを、丁寧に清掃・手入れして販売しています。

昭和レトロな店内に並ぶ掘り出し物たち

東大館駅から徒歩約2分、踏切前の角にある「空 -kuu antiques-」の店舗は、昔ながらのたばこ屋だった建物をリノベーションしたもの。土間が広がるレトロな雰囲気の店内には、三澤さん夫婦が空き家の改修作業を行う中で見つけ出した、味のある古道具たちが並んでいます。

一口に古道具といっても、舞さんは木の家具雄太さんはレトロ家電と、好みがバラバラ。それぞれがグッときたものを引き取ってくるため、商品はバラエティに富んでいます。そんな「空 -kuu antiques-」自慢の掘り出し物たちを一部ご紹介します♪

(〈左〉小引き出しとして使える木製の薬箱。2個重ねてもカワイイ♪ 上2,500円、下2,000円 〈右〉ダイヤル式の頑丈な金庫は番号札もついていて実際に使えます。上3,500円、下4,500円

(昭和の空気感をそのまま持ってきたような温度計。5,000円)

(頑丈な革製ケースの巻尺。しまう時は真ん中のハンドルでくるくると巻き上げます。5,000円)

(コンパクトでかわいらしいホーロー鍋は小物入れにも。500円)

(レトロフューチャーなデザインのパタパタ時計は、夫の雄太さんが気に入って引き取ったもの。8,000円)

(落雁(らくがん)を作る際に使われていた木製の菓子型。インテリアアイテムとしてそのまま飾る人が多いそう。1,000円~2,000円)

(お皿やグラス、マグカップなどの食器類も人気。200~300円)

空き家マッチングを通した古道具との出会い

古道具の魅力は、デザインが不変で、何年たってもオシャレなところ。もちろん古いものならなんでもいいというわけではなく、本当に良いと思ったものを厳選して集めています」と話す舞さん。元々販売しようと思っていたわけではなく、改修作業中に心惹かれたものを趣味で引き取っているうちに倉庫がいっぱいになってしまったため、お店を始めることにしたのだそうです。

(店主の三澤舞さんと雄太さん。空き家の所有者から相談を受けて改修を行い、空き家を利活用したい人に売ったり貸したりするマッチング事業を行っています※写真提供:空 -kuu antiques-

現在は一般からの買い取りなどは行っておらず、空き家の相談を受けた人から引き取ったもののみを販売。一生懸命親身になって相談に乗り、お互いに信頼関係を作り上げた人から譲り受けたものばかりなので、ひとつひとつのアイテムに思い入れがあります。

“他者と触れ合うことで初めて存在する”という意味の「空」

店名の「」は仏教用語の「色即是空(しきそくぜくう)」からインスピレーションを受けたもの。「この世にあるすべてのものには実体がなく、他者との触れ合いの中で初めて存在する」という教えに、自分たちが見つけなければ捨てられていた古道具たちの境遇と重なるものを感じたのだそうです。

(可愛らしい木製の看板は、アンティークショップで見つけた釜の蓋と燭台を組み合わせて作ったもの)

お店は本業の合間にオープンする形態のため、営業日はまばらですが、古道具が好きだという地元の住民がインスタグラムを見て訪れたり、アンティーク品のラジオを集めているという人から問い合わせを受けたりと、反響は上々です。

お店の場所は中学校のすぐそばの住宅街の中。「お店の掃除をしていると、登下校中の生徒たちが『何してるんですか』と声をかけてくれることもあるんです。せっかくなので、何かもっとつながりを持てるようなことができたらいいなと考えています」と、舞さんは笑顔を見せてくれました。

(昨年10月に能代市で行われた「のしろいちでの出店の様子※写真提供:空 -kuu antiques-)

(友人の依頼で、事務所に古道具をディスプレイしたことも。元々あった和の建具を生かして、スタイリングしました。※写真提供:空 -kuu antiques-

誰かに大切に使われてきた古道具には、新品にはない味わいが詰まっています。捨てられる寸前で拾い上げられ、新たな出合いを待っている「空」の古道具たち。とっておきの一品を探しに行ってみませんか♪

※価格は全て税込です。

DATA

【空 -kuu antiques-】
秋田県大館市北神明町2-7
電話/090-7661-1854
駐車場/あり
※営業日・営業時間はinstagramでご確認ください。
instagram
ECサイト

Writer

もも

もも

大館市在住。フリーランスでライター、WEB制作、EC運営等をしています。人と話すこと、人を知ること、楽しいことが好き。誰かの心がラクになるきっかけになるような情報発信を目指しています。

関連記事

〈秋田市〉腸と呼吸に気を配って、前向きな気分で毎日を。「腸冷え改善サロンKuKuRu」

〈秋田市〉腸と呼吸に気を配って、前向きな気分で毎日を。「腸冷え改善サロンKuKuRu」

<能代市>木の雑貨店Uki by Mokutopiaで発見!幸福度上がる逸品

<能代市>木の雑貨店Uki by Mokutopiaで発見!幸福度上がる逸品

<秋田市>日常から1階分離れて、ほっとひと息。喫茶店「交点」の愉しみ方

<秋田市>日常から1階分離れて、ほっとひと息。喫茶店「交点」の愉しみ方

〈横手市〉りんごのお酒ハードサイダー工場と、サウナ付一棟貸し宿が同時オープン!

〈横手市〉りんごのお酒ハードサイダー工場と、サウナ付一棟貸し宿が同時オープン!

〈大館市〉掘り出し物に出合えるかも♪古道具店「空 -kuu antiques-」

〈大館市〉掘り出し物に出合えるかも♪古道具店「空 -kuu antiques-」

200%想いに寄り添う撮影で、「いま」を切り取る。出張カメラマンkonamiさん

200%想いに寄り添う撮影で、「いま」を切り取る。出張カメラマンkonamiさん