TOP

おでかけ

GWに子どもとお出かけ♪あきた芸術村のクラフト市へどうぞ!〈仙北市〉

今年で3回目を迎える、あきた芸術村「手創る市」。昨年家族で遊びに行って大好きになったこのイベントが、今年は5月4・5日に開催されます。おいしいもの、かわいいもの、すてきなものがいっぱいのイベントです!

雑貨やアクセサリー、おいしいものがズラリ並ぶマルシェ

かわいいもの好きの方は必見!アジア衣料に生活雑貨、アクセサリー、陶器、紙ものなどのハンドメイド作品がたくさん集まります。

おいしいものもたくさん!カレー、野菜ポタージュ、マクロビフード、パンやお菓子、コーヒーなど、目移りしそうですね。
その他全部で約45店が出店予定です。
出店者情報はFacebookでチェック!こちら チラシはこちら

会場の中央広場は小さな森のような空間。当日はDJの音楽が流れます。「いつも忙しく働くお母さんには、秋田の自生植物を集めて造ったこだわりの広場で、音楽を聴きながら癒されてほしい」と担当の角田紀子さんは話します。

劇団ならでは!子ども向け“ものづくり”体験ワークショップも多数

角田さんは子育てしながら働くお母さん。地域に子どもたちの遊び場が少ないことに気づき、「手創る市」に子どもと一緒に楽しめる仕掛けを盛り込みました。 それが、村の芸術教室「大道具女子によるものづくり」。当日公演の参加型舞台「シンドバッドの冒険」に登場するへびを作ってみんなで舞台に参加しちゃおう!という実体験型ワークショップです(参加費500円/観覧料は別途/簡単な裁縫道具持参)。当日10~12時随時受け付けOKなので、子どもがやる気になったタイミングで参加できます。舞台に参加できるなんて、一生の思い出になりそう!

昨年公演されたミュージカル「ハルらんらん♪」の舞台装置の前で記念写真撮影をしてもらえる企画もあります(澁谷デザイン事務所・根子写真館)。お出かけするとつい子どもの写真ばかり・・・という方は、ぜひこの機会に家族写真をどうぞ!

その他、佐藤茅葺店による茅葺き体験も人気企画。こちらも随時参加OKです。ぜひ動きやすい格好で行きましょう。ミニすだれ作りや縄ない体験もできます。

あきた芸術村内にあるわらび劇場、温泉ゆぽぽ、お食事処ばっきゃ、田沢湖ビールレストランなどはイベント当日ももちろんオープンしています。ミュージカル「ジパング青春期」はGW期間中なんと小中学生無料!「手創る市」と合わせて色々楽しめるあきた芸術村へ、ぜひご家族でお出かけください♪

【あきた芸術村「手創る市」2017春】
日時:2017年5月4日(木)・5日(金) 両日10:00~15:00 ※雨天決行
場所:あきた芸術村 中央広場(秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430)
※駐車場200台+角館駅から無料シャトルバスあり
問合せ:あきた芸術村「手創る市」実行委員会
TEL:0187-44-3915 FAX:0187-44-3318
E-mail:warabi.hcm@gmail.com

キーワード

秋田県内エリア

Writer

平元 美沙緒

平元 美沙緒

徳島生まれ、秋田市在住。一児の母。まちづくり、子育て、クラフト、農村、伝統建築に興味のアンテナあり。まちづくりに関する話し合いの場の進行・企画を行うまちづくりファシリテーターでもあります。おしごとブログ
http://section-a.jugem.jp/

関連記事

〈北秋田市〉喫茶メニューとソフトが美味!「 Cafe l’école(カフェ エコル)」

〈北秋田市〉喫茶メニューとソフトが美味!「 Cafe l’école(カフェ エコル)」

〈にかほ市〉ゲル宿泊で異文化体験! 「象潟モンゴルヴィレッジ バイガル」

〈にかほ市〉ゲル宿泊で異文化体験! 「象潟モンゴルヴィレッジ バイガル」

〈仙北市〉田沢湖アクティビティへ出かけよう!Tazawako sup house.

〈仙北市〉田沢湖アクティビティへ出かけよう!Tazawako sup house.

〈三種町〉新鮮ぷるっぷるを!「じゅんさいスタンド PETIT BATEAU」

〈三種町〉新鮮ぷるっぷるを!「じゅんさいスタンド PETIT BATEAU」

【おすすめ公園シリーズ】親子で冒険しよう!県立中央公園フィールドアスレチック

【おすすめ公園シリーズ】親子で冒険しよう!県立中央公園フィールドアスレチック

〈五城目町〉滋味あふれるランチが絶品!「下タ町醸し室 HIKOBE」

〈五城目町〉滋味あふれるランチが絶品!「下タ町醸し室 HIKOBE」