秋田の女性のWork&Life a.woman

7JULY
2019

おでかけ

〈秋田市〉南通亀の町のNEWスポット「ヤマキウ南倉庫」が待望オープン!

この数年、エリアリノベーションでにぎわいを見せる秋田市南通亀の町に、2019年6月1日、新たなランドマーク「ヤマキウ南倉庫」がオープンしました!

不動産管理会社のヤマキウが酒類卸用に所有していた、築43年の倉庫をリノベーションしたこの注目スポットは、1階と中2階にスーパーやアウトドア、雑貨、家具、花屋など10のショップが、2階には6つのオフィスとコワーキングスペースが入った複合施設です。

誰でも自由に利用できる屋根付き公園「HALL KO-EN」

「豊かな暮らし」「シナジー(相乗効果)」をコンセプトに衣食住のショップやオフィスが集い、さまざまな人の交流が期待されるこの施設。1階にはその象徴とも言える、屋根付きの公園をイメージしたホール、その名も「HALL KO-EN」があります。

9:00〜19:00まで誰でも自由に利用できるこちらでは、各種イベント開催を予定しているほか、「まど枠」プロデュースの小さな図書館「ライブラリ・アー」を常設。本は、2階コワーキングスペースなど敷地内での閲覧が可能です。

県内外のセレクターに選書してもらったというラインアップは、さまざまなジャンルがグラデーションのように連なり、思いがけない本との出会いも楽しめそう。絵本もあるので、ファミリーで来ても◎。倉庫ならではの高い天井も開放感があり、思い思いに過ごせる空間です。

引き続き、10あるショップの中からa.woman的セレクトで4つのお店をご紹介!

行くたびに発見があるかも?!心と体に心地よいスーパー

エントランスのすぐ隣にあるのが、体験型スーパー「NEED THE PLACE」です。こちらは横手市十文字町の地域密着大型スーパーモール「ラッキー」の系列店。


(撮影:VISCUM)

店内には県内外のこだわりの食料品をはじめ、アルコール類や生活雑貨、日用品など、“日常をくすぐり、豊かな心を育む”商品たちが整然と並んでいます。

その一角には、毎日忙しいa.woman読者さんもうれしい、山王デリカテッセンのヘルシーなお惣菜コーナーもあります。男鹿市・グルメストアフクシマの大人気コロッケも、毎日揚げたてを販売していますよ!


(撮影:VISCUM)

十文字町や秋田市内から毎日運ばれてくる、産地直送の採れたて野菜と果物も人気の的。


(撮影:VISCUM)

店舗奥には有料の試飲カウンターも。バイヤーの説明を聞きながら、秋田初上陸などのお酒やコーヒーを1カップ200円から味わえます。店頭のフリースペースでは各種ワークショップも開催予定なので、そちらの動きも気になりますね!

昔ながらの良品から、オニバスコーヒーやマリールゥのパンケーキミックスなどの最旬トレンドアイテムまで、バイヤーが選びぬいた品々との出会いを楽しんでみては?

【NEED THE PLACE】
電話番号/018-827-6500
営業時間/10:00〜19:00(日曜・祝日〜18:00)
定休日/無休
Facebook

普段使いできるアイテムが多数揃うアウトドアショップ

「OUTDOOR SHOP YAMAGOYA」は、大仙市から移転リニューアルしたアウトドアグッズを取り扱うお店。オーナーの髙野幹子さんは、「アウトドアグッズがインドアでも日常的に使えたり、災害用としても便利なものが多いことを、女性の皆さんにも知ってほしい」と話します。

USB充電式のLEDライトと殺虫ライトが一緒になった便利アイテム・モスキーランタン(3,700円)。上部の青色の部分に虫を寄せつけ、バチッとやっつけちゃいます。明るさは3段階で調節可能。

ポーレックスのコーヒーミル(5,800円)やコーヒードリッパー(1,760円)は、オリジナルバッグとセットで購入すると5%OFFに。屋外でも手軽にハンドドリップできるワンドリップポテ(3,500円)も、スタイリッシュなデザインで普段使いにぴったり。

「休日には一人でも山に登って、美味しいご飯を食べるのが楽しみ」という髙野さんからレクチャーを受けて、少しずつ道具を揃えていく女性の方も多いとか。興味のある方はぜひご相談を!

【OURDOOR SHOP YAMAGOYA】
電話番号/018-838-5502
営業時間/11:00〜19:00(土・日曜〜18:00)
定休日/火曜
メールアドレス/yamagoya920@outlook.jp
WEB SHOP
Instagram
Facebook

日常も、特別も、ディテールにこだわりを

「詩的な日用品と衣」をテーマとした雑貨や工芸品、洋服を扱うセレクトショップ「まど枠」は、秋田市大町・川反中央ビルから移転リニューアル。

小野諭氏によるアパレルブランド「5W(ゴワット)」や、田村一氏による陶芸品など、秋田にゆかりのあるデザイナーや作家ものも多く取り揃えています。

店舗前のギャラリースペース「ギャルリ・アー」では、県内外の注目ショップのポップアップストアを展開したり、オーナーが選んだアイテムを展示・販売。このスペースは貸し出しも可能で、個展などの作品展示に利用できます。

また、もともと取り扱いのあったランプシェードやスイッチ、表札などのインテリアアイテムも、2階の建築事務所からの受注にも対応できるよう、これから充実させていく予定だそう。

日常のものからちょっとしたギフト、さらに結婚指輪など特別なものまで、儚げな美しさや落ち着きのある佇まいをお探しの方におすすめのお店です。

【まど枠】
電話番号/018-827-5760
営業時間/11:00〜19:00
定休日/火曜
WEB SHOP
Instagram
Facebook

北欧風やデザイナーズものなど、暮らしを彩る家具たち

暮らしに彩りや豊かさを添える家具を扱う「ファニチャーパークMEZZANINE(メザニン)」は、秋田市の家具店・カワシマリビングのアンテナショップ。

店内では、日本製の北欧風家具やデザイナーズ家具のジェネリック製品など、30〜40代の新築世代にぴったりの家具が展示販売されています。材質や生地を選べるのもうれしいポイント。

家具のほかに、富山県の高岡銅器や岐阜県の美濃焼など、取り扱いの家具に合うような、オシャレで暮らしになじむ器類もあります。

取り寄せや展示リクエストにも対応してくれるそうなので、家具の購入や買い替えを検討中の方は、お気軽にお問い合わせ下さい!

【ファニチャーパーク MEZZANINE(メザニン)】
電話番号/018-893-4079
営業時間/10:00〜18:00
定休日/水曜
Facebook

人々が交流し、生まれるアイデアで暮らし豊かに

2階のコワーキングスペースは、パーテーションで仕切られたフリースペース(10席)と、鍵付きの扉で私物を保管できるボックス席(11席)の2タイプを用意。

利用料金は、365日24時間利用可能なテーブルマンスリープラン(月額12,000円)とボックスマンスリープラン(月額20,000円)、さらに10:00〜18:00まで利用可能なワンデープラン(日額2,000円・定休曜日なし)の3プランがあります。(問合せ先:シービジョンズ/018-836-3331

今回のリノベーションと運営を手がけるのは、秋田市のデザイン会社「See Visions(シービジョンズ)」。プランナー兼ヤマキウ南倉庫マネージャーの松橋安莉さんに、この場所にかける想いを伺うと、

「まずは地域の人々に、公共的な場所として気軽に訪れて欲しいですね。そして、入居している事業者さんやコワーキングスペースの利用者さんと共に、地域を盛り上げていけたら。一人で空いた時間に立ち寄ったり、お子さんと休日に遊びに来たり、そんなにぎわいのある風景が日常の一部になってくれればうれしいです」と話してくださいました。

ほかにも紹介しきれない魅力的なショップがたくさんありますので、まずはぜひご自身で、刺激や感動、癒しを体感してみてください!

※価格はすべて税別

【ヤマキウ南倉庫】
秋田市南通亀の町4-15
利用時間/9:00〜19:00
定休日/無休
駐車場/18台

※営業時間と定休日は店舗ごとに異なります。

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

熊谷 清香

地元タウン誌や広告代理店勤務を経て、フリーランスで企画・編集・取材・インタビュー・ライティング等をしています。小中学生の母。秋田市出身。

関連記事

おでかけ

〈三種町〉つるつるプルン!大人もハマるじゅんさい摘み採り体験&おすすめレシピ!

おでかけ

a.woman編集室が行く!日産の電気自動車でワクワクドライブ 〜酒田・鶴岡編〜

おでかけ

〈秋田市〉南通亀の町のNEWスポット「ヤマキウ南倉庫」が待望オープン!

おでかけ

〈大館市〉水田に浮かぶ藤源郷!幻想的な「十ノ瀬藤の郷」でお花見はいかが?

おでかけ

【おすすめ公園シリーズ】新緑のダム湖畔。大型遊具が楽しい素波里園地〈藤里町〉

おでかけ

〈横手市〉新しくなった増田まんが美術館が楽しすぎる!

おでかけ

〈横手市〉旬のおいしさずらり!新しくなった道の駅十文字へ立ち寄ってみて!

おでかけ

ラーメン!ネコ!ゴールデンウィークおでかけ情報!チケットプレゼントあります!!

おでかけ

〈秋田市〉SOUPHOLICの栄養たっぷりスープで温まろう♡