秋田の女性のWork&Life a.woman

10OCTOBER
2018

カラダ

これでぐっすり快眠!寝具のプロに聞く「質の良い眠りのコツ」とは?

秋の夜長は寝やすい季節と言われますが、秋田のこの時期は朝方急に冷えたりと気温の変化が大きく、寝具や衣類の調節が難しいですよね。そんな季節の変わり目に、あなたの「睡眠環境」を見直してみてはいかがでしょうか?今回は、秋田市土崎にある「ふとんのさがわ〜マニステージ秋田〜」の佐川日奈子さんに、質の良い眠りのコツについて伺ってきました。

寝具を重ねる順番、合っていますか?

これから来たる冬に向けて、少しでも温かく眠るために寝具の素材や重ねる順番に気を配りましょう。畳にふとん敷きなら、ウレタンマットレスの上に敷き寝具を重ねると、下からの冷気を防ぐことができます。シーツは、毛足の長い敷きパットやフランネル素材など温かいものがさまざまありますが、肌に触れるものは洗えて手入れのしやすいものが◎。冬でもシーツ類のお洗濯は一週間に一度が目安です。
掛け寝具は、肌に一番近いところにシルク・綿・麻・ウールなど天然素材を掛け、その上に羽毛布団や綿の布団を掛けるのがよいでしょう。アクリル毛布などの化学繊維は、掛け寝具の一番上に重ねると保温性が増します。

枕に一生ものはない?!

(ふとんのさがわでは、イタリア製寝具「マニフレックス」の枕7種のお試しもできます)

意外と思われるかもしれませんが、枕に一生ものはありません。体型や筋肉のつき方などは歳を追うごとに変化するものですし、体調によっても自分に合う枕の高さは違ってきます。また、枕は何年か使うとへたりが出てきて高さも変わってきますので、その都度合うものを求められることをお勧めします。枕が気になって眠れないことが頻繁にある方は、好みの枕を2〜3個用意しておくとよいでしょう。情報だけでなく自分の使用感が大事なので、枕もできるだけ店頭でお試ししてみてください。

枕の使い方は、肩から上を枕に乗せるようにすると、安定して眠りにつくことができます。最近はデスクワークやスマートフォンの影響からか、巻き肩のお客さんをよく見かけます。首や肩、背中まで緊張状態になってしまう巻き肩には、寝る前のストレッチが効果的。まずは仰向けに寝て手のひらを上に向け、何度か深呼吸。それから両側の肩甲骨を近づけるようにギューッと力を入れて、フッと力を抜く。これを数回繰り返すと、リラックスした状態で眠れます。

冷え対策で大事なのは素材!

「足先が冷たくて眠れない…」という人は多いですよね。靴下を履いて寝るという話もよく聞きますが、実は熱がこもったり逆に汗で冷えてしまったりして、足裏の体温調節がうまくいかなくなります。そこでおすすめなのが、レッグウォーマーやネックウォーマーなどで首や足首を温めること。しかも素材は、吸湿性や保湿性、放湿性に優れたシルクが最適です。首や足首が温められると、血行が良くなって血液中の疲労物質が早く流れるので、すっきりと目覚めることができますよ。


(ふとんのさがわで取り揃えているシルクグッズ。左からマスク1,944円、レッグウォーマー880円、ネックウォーマー2,592円、腹巻き2,592円/税込)

敷きっぱなしになっていませんか?

布団は外に干したり、ベッドならシーツや敷きパッドを洗ったりできますが、ベッドマットは敷きっぱなしという方は多いのではないでしょうか?ベッドマットを同じ向きで使い続けていると、体重のかかる箇所が固定されて劣化の一因に。それが寝姿勢の崩れにもつながるので、ベッドマットをきちんと手入れして長持ちさせることが健康維持の秘訣です。シーツを替えるタイミングで、ベッドマットの上下や表裏を入れ替えましょう。またベッドを壁につけている方は、ベッドを壁から少し離して通気性を良くすることもポイント。

見逃せない!パジャマの役割とは

普段着のスウェットで寝ると、背中が出てしまったり汗が冷えて寒くなったりと、良い睡眠の妨げになることも。パジャマは袖口やすそなどの通気性がよく、ゴムは緩く、股上は深く、首に負担がかからないなど、リラックスして眠れるような作りになっていて、日中活動するための服とは違います。肌に触れるものなので素材はもちろん天然素材で。首に負担がかかるので、間違ってもパーカーでは寝ないでくださいね!

「人生の約1/3は睡眠時間です。人間にとって食事や排泄と同等に大切なことですので、ご自分の睡眠環境を見直して、少しでも快適にお休みになってくださいね」と佐川さん。目覚めの良し悪しでその日一日の過ごし方も変わってきますよね。「よい活動はよい眠りから」ですね!


(ふとんのさがわ 佐川日奈子さん)

【ふとんのさがわ「マニステージ秋田」】
創業112年を誇る寝具卸の老舗が、今年6月から東北初のイタリア製寝具「マニフレックス」正規取扱店となってリニューアル。マニフレックスの全13商品を試せるよう店内には7台ものベッドが並び、寝心地の違いを思う存分確かめることができる。各種寝具販売のほか、綿布団の打ち直し、羽毛布団のリフォーム、シングル→ダブルの作り替えなども行う。

秋田市土崎港中央3-10-17
018-845-1171
営業時間/9:00〜18:00
定休日/日曜
ふとんのさがわホームページ
ふとんのさがわFacebook

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

熊谷 清香

地元タウン誌や広告代理店勤務を経て、KITA DESIGNで企画・編集をしています。小中学生の母。趣味はテニス観戦。秋田市出身。丑年。

関連記事

カラダ

【ハーブ魔女レシピ】vol.3 冬はダイエットのミカタ、薄着の季節までにスッキリするぞ!

カラダ

〈秋田市〉腸をセルフケアして、幸せ気分いっぱいの秋を迎えよう!

カラダ

<秋田市>ヨガスタジオ スロウフロウで、心と体をメンテナンス!

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.13 話題のZ〇Z〇スーツを試してみた!

お母さん

不妊治療で待望の子宝に恵まれた女性に聞いた「私たちの不妊治療」

カラダ

【ヘッドスパ体験記】秋田市の頭のもみほぐし専門店『BRAINS SPA 』に行ってきました!

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.11 ムダ毛問題

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.9 まだむ式ダイエット 筋トレ編

カラダ

輝くネイルで心おどる春を迎えませんか♪卒業式や入学式にもおすすめ!