秋田の女性のWork&Life a.woman

7JULY
2018

仕事

五城目町 いちご美容室 ー 3人の子育てをしながら店舗営業と出張美容に奮闘中!

五城目町の廃校活用オフィス・五城目町地域活性化支援センター(旧 馬場目小学校)に、「いちご美容室」という出張美容を行う美容室があります。オーナーの畠山智美さんは、当時6歳・4歳・1歳の3人の子育てをしながら、2016年10月に夢だった自分のお店を持つことができました。

母の病気が転機となった出張美容への道

20代は秋田市内の美容室で腕を磨いた畠山さん。出張美容への関心が高まったのは、育児に専念していた頃、お母さんが病気になったことがきっかけでした。

「母が薬の副作用で肌が荒れたり髪の毛が抜けたりして、美容室に行くのを嫌がるようになったんです。そこで私が自宅で母の髪の毛を切ったら、母がみるみる笑顔になって喜んでくれて。そのできごとが出張美容への道の始まりですね」。それでもその頃はまだ遠い夢だったと言います。

夢が目標となり、縁に導かれた店舗のオープン

その後、第三子を妊娠中、イベントでヘアアレンジを担当したことを機に、産後4ヵ月でパートとして復帰。その2年後には、とあるイベントで出張理容をしている福祉理容店を訪問し、夢が目標に変わります。ご家族の後押しもあり、いよいよ自分のお店のオープンに向けて動き出すことに。


(2000年竣工と、建物としてはまだ新しい五城目町地域活性化支援センター)

出張美容の研修を受けるかたわら空き物件を探していたところ、五城目町地域活性化支援センターで入居者募集中だと知り、その環境や条件の良さに惚れ込みます。

「駐車場は広いし、出入り口にスロープがあって車イスやベビーカーでも楽、バリアフリーで入口からお店までの距離が近い、なにより馬場目小学校は私の母校なのでとても愛着がありました。さらに入居している企業の皆さんとも交流ができる。自分を育ててくれた場所で、地元の皆さんに恩返ししていきたいなと」。


(センター職員の小野さんと談笑する畠山さん)

どんな人でも気兼ねなく来れるお店に

元保健室という店舗には、当時の収納棚や備品があり、懐かしいぬくもりが残っています。木の枝をモチーフとした鏡台は、地元の木工所と鉄工所で作ってもらったもの。窓から一望できる森山や四季折々の田園風景は、畠山さんご自身の癒しにもなっているとか。

広々とした店内は、車イスやベビーカーでも楽々。完全予約制で貸切状態なので、お子さんがうるさくすることや人の目を気にする心配もありません。

お客さんとその家族にも喜ばれる出張美容

現在の出張美容先は、主に地元4ヵ所の老人ホームや個人宅。中には研修や本で学べなかったケースがあったりと勉強の連続です。それでも、「お客さんご本人もそうなんですけど、ご家族に喜ばれるのがうれしくて。それまで半年や1年おきに切っていたという方に、『また2ヵ月後に』とお願いされたりすると、信用されているなぁって」。

(出張美容用のイスやシャンプー台を車に積み、出張先に向かいます)

出張美容は高齢や寝たきりの方だけでなく、ケガや病気の方、介護をしているご家族、乳幼児を子育て中のお母さんなど、店舗に来られない理由のある方なら出張可能だそうです。

育児中の起業のメリットとは?

現在7歳と5歳の男の子、2歳の女の子のお母さんでもある畠山さん。「起業して良かったのは、子どもに何かあった時にすぐ対応できることですね。普段お客さんにも子どもの話をしているので、孫のように思ってくださる方もいて。子どものことでやむなく延期のお願いをしても、理解してもらえるのでありがたいですね〜」。

家に帰ると、ひいおばちゃんも含めた8人家族の晩ご飯を作る日々。「週末や祝日は子どもを優先するようにしています。日頃ガミガミしちゃうことも多いので、寝る前におもしろいテレビを見たりお風呂でふざけたりして、一日の最後は笑って寝るようにしていますね」。

もっと活用してほしい!出張美容

育児とのバランスを見ながら、出張美容も店舗営業ももっとお客さんを増やしたいと畠山さんは語ります。「実は、困っている人や遠慮している人はもっといるんじゃないかと思っているんです。免許を返納した人や、具合が悪くないと出張してもらえないと思っている人など。もっと出張美容を使って欲しいと思いますね。将来は五城目町だけでなく、周辺市町村の施設やお宅で定期的に利用されるようになりたいです!」。

店名の“いちご”は、“一期一会”からとったもの。“当たり前のことをていねいに”という畠山さんの姿勢に、一つの出会いを大切に思う気持ちが表れていると感じました。出張美容はシャンプーやカラー、パーマもできますので、気になる方はぜひお問い合わせを!

【いちご美容室】
秋田県南秋田郡五城目町馬場目字蓬内台117-1  五城目町地域活性化支援センター(愛称BABAME BASE)1F
電話番号/050-3637-1555
営業時間/9:00〜17:00 ※完全予約制
定休日/日曜日・祝日
メールアドレス/ichigo.hair.5@gmail.com
いちご美容室フェイスブック

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

熊谷 清香

地元タウン誌や広告代理店勤務を経て、KITA DESIGNで企画・編集をしています。小中学生の母。趣味はテニス観戦。秋田市出身。丑年。

関連記事

仕事

<大仙市>好きから逃げない。「sasaki H fabric」の服作り

お母さん

最近よく聞くスクールソーシャルワーカーってどんな職業?

お母さん

働くママの強い味方!病児託児「子育てラボhateao」秋田市にオープン!

仕事

一度は諦めた憧れの仕事に復職を果たしたウェディングプランナー

お母さん

職場の理解や家族と周囲の協力をチカラに、深夜勤の激務もこなす看護師さん

お母さん

もっと親子の時間を楽しもう!能代・山本地域の子育てを盛り上げるパワフルお母さん

仕事

五城目町 いちご美容室 ー 3人の子育てをしながら店舗営業と出張美容に奮闘中!

お母さん

子どもと医療を“遊び”でつなぐ秋田唯一のホスピタル・プレイ・スペシャリスト

仕事

農業女子がつくった「大人キュート」な日本酒をプレゼント!