秋田の女性のWork&Life a.woman

8AUGUST
2020

おでかけ

<由利本荘市>日々の暮らしが「すこしだけ」楽しくなる「fuuukei」の木工家具

新生活を始める人も多い春。気分も新たにスタートを切りたいところです。そんな春のスタートに新しい家具をお一ついかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、由利本荘市にある手作り木工家具屋「fuuukei(ふうけい)」。よく見てください「u」が3つあるのがおわかりでしょうか?「風景」ではなく「風ぅ景(ふううけい)」になっているのです。この「u」が多めにあることで、ちょっとだけ風が吹いたような、ちょっとだけささやくような音になりませんか?
fuuukeiには、そんなささいな気づきや小さなときめきを大事にしたいという想いが込められているのです。

(写真提供/fuuukei)

見た目も楽しいfuuukei流のデザイン家具

“日々の暮らしが、「すこしだけ」楽しくなるデザイン。日々の暮らしに、「すこしだけ」幸せな風が流れるプロダクト。”というのがfuuukeiのコンセプト。
手掛けるのは、由利本荘市生まれの佐々木貴充さんです。「すこしだけ」楽しくなれるようにと、あえて手を加えられたデザインの家具は、大人の遊び心をくすぐられるものばかりです。

●脚が特徴的なスツール
(スツール イタヤカエデ材 26,400円  写真提供/fuuukei)

例えばこちらのいす。背もたれがあるといすは英語で「チェア」。背もたれがないと「スツール」と呼びます。背もたれのある「チェア」を作る工法で、あえて背もたれのない状態に作った「スツール」がこちら。だから、後ろ脚になる部分は曲がっているのですが、これに背もたれが付くとそんなに違和感がないのです。そこを背もたれ無しの「スツール」として成立するように作り変えているのがfuuukei流。


●2枚の板で支えるだけのシンプルなミニテーブル


(ミニテーブル 左/ナラ材 右/ヤマサクラ材 25,300円  写真提供/fuuukei)

木目の味わいを生かしたシンプルなミニテーブル。天板を支えているのは2枚の板で、見る角度によって印象が変わります。


(ミニテーブルを回転させると…。このように2枚の板が微妙な具合に重なって天板を支えています)

テーブルに3本脚はご法度のところ、あえて2枚の板だけを使い3点で支えているように作られています。また、釘を一切使わず木を組み合わせて仕上げてあり、実は計算しつくされた、技あり!の逸品です。

 

●木の温もりを肌で感じる杉チェア
(杉チェア 2シーター 77,000円 写真提供/fuuukei)

続いてこちらのいす。構造部分には硬い楢や桜を使用していますが、背もたれと座る部分には柔らかい杉を使用しています。そうすることで、ほんの少し木の柔らかさや優しさが伝わるようにという工夫がなされています。

このように、佐々木さんの作品には「あえて」変える、「すこしだけ」手を加える。という心憎い技ありポイントがあり、そこにちょっとだけ心がときめくのです。

 

fuuukeiに辿りつくまで


佐々木さんは由利本荘市にある本荘高校へ進学。同級生のほとんどが大学進学を目指す中、本当にやりたいことを探し、学びたいと専門学校へ進みました。小さい頃からもの作りが好きだったため、木工コースを選択し、今の家具製作の基本となる「見た目だけではなく、コンセプトを重視したデザイン」を考えることを学んだそう。その後、講師の先生の勧めで秋田木工へ入社。

「秋田木工には採用時期ではない時に運良く入れてもらいました。そこで木工の加工技術をたくさん学びました。目標にしたいと思う先輩にも出会えて感謝しています」と佐々木さん。

9年勤めた後、自分のデザインで家具作りをしたいという想いから30歳の時に独立。実家の小屋を改装し大型の木工機械を何台も揃え、手作り家具屋をスタートさせました。
(デザインを紙に起こすと、次は下地となる型取りのための型取り。一から作るため、手間暇かけて丁寧に作られています)

 

イベントにも多数出展!

fuuukeiオリジナルデザイン家具のラインナップも豊富ですが、オーダーメイドでの注文も受けています。”脚もの”と呼ばれる椅子や机が得意分野の佐々木さん。家具のデザインが固まり、作っている作業が一番楽しいとのことですがイベントにも多数出展されています。

「イベントに出展すると、他にものづくりの活動をされている作家さんと多く出会うことができるし、カトラリーのような小物だけではなく、家具に興味を持って下さるお客さんが多いんです。そこで注文を頂くことや直接感想を聞けるので楽しいですね。ぜひ遊びにきてください」。

ゆくゆくは近くの空き店舗を利用したショールームを作りたいという夢を持つ佐々木さん。悪い人のはずがない!と言わんばかりの優しい笑顔と、ささやかでありながら卓越した小技が詰まった、「すこしだけ」楽しくなるfuuukeiの技法を見にぜひ訪れてみてください。

※価格はすべて税込です。

【fuuukei(ふうけい)】
住所/由利本荘市新田字壱ノ台 41
メール/fuuukei@gmail.com
ホームページ

<イベント出展予定>
3月21日(土)由利本荘市「鳥海山木のおもちゃ美術館」で木工ワークショップ開催
4月18日(土)19日(日)秋田市新屋「ものまちさんぽ~」に出展

※都合により変更になる場合があります。詳しくはサイトからご確認ください。

<主な取扱い店>
暮らしの道具と紅茶 みつばち(由利本荘市)
ミンカ(大仙市)

 

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

kamada minako

超時短のパート事務員の傍ら時々ライターをやっています。 小学生と幼稚園児の子育てをする主婦ですが、密かにフードコーディネーターの資格あり。いつか活用できる日がきますように。 日々のお料理ブログ。

http://kamadakikaku.php.xdomain.jp

関連記事

おでかけ

【おすすめ公園シリーズ】噴水で夏の暑さを吹きとばそう!小泉潟公園の噴水広場〈秋田市〉

おでかけ

〈羽後町〉自然の中で貸切ステイ!カフェ&民宿「阿専」で夏の思い出を!

おでかけ

【おすすめ公園シリーズ】アイス片手に、四季折々の花咲く日本国花苑へ〈井川町〉

おでかけ

〈男鹿市〉一度は見たい絶景!雲昌寺のあじさい×海×空が織りなす青の世界

おでかけ

〈北秋田市〉心のふるさとを訪ねて♪「森のテラス」&「庭のとまり」で癒されよう♡

おでかけ

【おすすめ公園シリーズ】外で思いっきり体を動かそう!総合運動施設アルパス〈鹿角市〉

おでかけ

〈潟上市〉手焼き体験ができる!秋田にこだわったせんべい屋「鼎庵(ていあん)」

おでかけ

<由利本荘市>日々の暮らしが「すこしだけ」楽しくなる「fuuukei」の木工家具

おでかけ

〈鹿角市〉温泉付きゲストハウス「Yuzaka」で心も体もポカポカ♪