秋田の女性のWork&Life a.woman

9SEPTEMBER
2019

おでかけ

〈三種町〉つるつるプルン!大人もハマるじゅんさい摘み採り体験&おすすめレシピ!

(写真提供:三種町観光協会)

梅雨真っ盛りの県内で収穫のシーズンを迎えているのが、三種町のじゅんさいです。その摘み採り体験が全国的にも注目を集めていると聞き、早速三種町へ!

じゅんさい摘みのスタートは観光情報センターへ!

まずやってきたのは、道の駅ことおかにある観光情報センター。摘み採り体験の窓口になっています。


(優しい女性スタッフが対応してくださいました)

現在摘み採り体験ができる場所は町内に7箇所。訪れる方々は年々増加中で、平日でも予約でいっぱいのところもあるとか。センターでは、そうした混雑状況やじゅんさいの生育状況などに合わせて、最適な場所をアレンジしてくれます。

 

取材日はあいにくの雨。こんなあぜ道を抜けて行くと・・・

広々とした沼が出現!今回は、こちらの里山・志戸田園で体験させてもらいました。

気分は一寸法師!?摘み採りは小舟に乗って

代表の志戸田義友さんに、小舟の乗り方や、じゅんさいの採り方を教えてもらいます。特に気をつけなければいけないのは、乗り降りの時。ドボンといかないようにしっかりレクチャーを受けました。

カッパ姿で失礼します。1本の棒で舵をきって船出!えんや〜こら!

葉っぱの影に隠れているじゅんさいの新芽を探して…

採れた採れた!

ポイントは、新芽のさらに下にある幼芽の下の部分から取ること。幼芽の部分には、じゅんさいの魅力であるあのヌメリがたっぷりとついているんです。

(写真提供:三種町観光協会)

現在国産じゅんさいの9割は三種町産!すごい!とはいうものの、国内で販売されているじゅんさいの8割は中国産だそう。

白神山地から注ぐきれいな水で育った三種町のじゅんさいと、中国産のものとでは、味わいも大きく異なるんだとか。「三種のじゅんさいが一番」と、志戸田さんも胸をはります。

あっという間に夢中に!時間を忘れて摘み採りに没頭

静かな沼を、もくもくと新芽を探しまわります。もはや沼をかき回す魔女の様相です。
ひんやりとした水の冷たさと、じゅんさいのプルプルした手触りが、なんとも気持ちがよくて癒されます。ストレスも水の中に流れ落ちていくよう。シーズンに何度も来園するリピーターもいるそうです。

(雨に打たれていることが気にならないくらい、たっぷり楽しみました)

1時間弱でこのくらい!志戸田さんに「合格」をいただき、ホクホクです。里山・志戸田園では、夏になると隣接するブルーベリー畑もオープン。じゅんさいと一緒に、ブルーベリー摘みも楽しめますよ。

採れたてじゅんさいをおいしくいただこう!

町の方々におすすめの食べ方を聞くと、ポン酢や青じそドレッシングで食べるさっぱり派から、鶏鍋に入れるという鍋派が多数。

そんな中出てきたのが、「揚げてもうまい」との声。興味をひかれて、天ぷらとかき揚げで試してみました。

完成〜!揚げたてをいただくと…おおお、あのプルプル感が残っている!そしてじゅんさいの葉茎のサクサクした食感も楽しい!はじめての食感、おいしさです。

<じゅんさいの天ぷら&かき揚げ>
作り方:
①じゅんさいの天ぷら
・生じゅんさいを軽く水で2〜3回洗い、水気をよく切ります。(このときヌメリが落ちてしまわないように注意!)。
・天ぷら粉をまぶして180度の油でさっと揚げます。
・塩や天つゆでどうぞ!

②じゅんさいのかき揚げ
・玉ねぎ、人参、さつま揚げを薄切りにします。
・生じゅんさいを軽く水で2〜3回洗い、ザルで軽く水気を切ります。
・天ぷら粉に水を加えて天ぷら衣を作ります(少しゆるめ)。
・ボールに玉ねぎ、人参、さつま揚げ、じゅんさいを入れて混ぜ、天ぷら粉をふるいます。
・天ぷら衣を入れて混ぜ、スプーンに取り油で揚げます。
・お好みの天つゆでどうぞ!

そして観光情報センターで教えてもらったのがこちら。

<じゅんさいデザート>
作り方:
・器にバニラアイスクリーム、白玉団子、あんこをのせます。
・湯通しして冷やしたじゅんさいをのせます。
・黒みつときなこをトッピングして出来上がり!

これがまたおいしいんです。黒みつが全体をうまくまとめています。夏のおやつにおすすめ!


(じゅんさいエキス入りのじゅんサイダーは、スッキリとした味わい)

淡白な味わいのじゅんさいですが、実はポリフェノールがたっぷり。女性にうれしい美容に効果的な成分も含まれていて、化粧品やサプリメントなどに活用されています。

体験は8月中旬まで!流しじゅんさいも!

今年は水量が少なく、じゅんさいの生育状況が例年よりもゆっくりペース。摘み採り体験は、8月中旬くらいまでの予定です。


(写真提供:三種町観光協会)

7月27日〜28日に開催されるサンドクラフト2019 in みたねでは、「流しじゅんさい」も登場!誰でも無料で参加できますよ。魅力たっぷりの旬のじゅんさいを、楽しく、おいしく味わいましょう!

【観光情報センター(三種町観光協会)】
山本郡三種町鹿渡字高石野123-2(道の駅ことおか ふるさと資源情報センター内)
電話/ 0185-88-8020
営業時間/ 9:00〜17:00
じゅんさい摘み採り体験料金/中学生以上2,000円、小学生1,000円
定休日/ シーズン中は無休
駐車場/ あり
Facebook

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

mitaslab.

日々ときどき旅。日常と非日常を行ったり来たりしながら、毎日をアップデートするひとりプロジェクトをしています。現在は二拠点生活に挑戦しながら、フリーライターや企画で活動中。

関連記事

おでかけ

入場制限一切なしの音楽コンサート!ピアノの下にもぐっても、寝転がってもOK

おでかけ

〈大館市〉筋力アップ、ダイエット、リフレッシュ!今、人気のボルダリングに挑戦しよう!

おでかけ

〈能代市〉宇宙を目指して!真夏の大空にロケットを飛ばしてみよう!!

おでかけ

〈由利本荘市〉牧場FESTAで夏を満喫♪手ぶらでBBQ&花火!キャンプも!

おでかけ

〈男鹿市〉夏の男鹿の新しい楽しみ方!ゲストハウス男鹿でSUP体験&バーベキュー

おでかけ

〈潟上市〉夏休みの子どもの遊び場はここに決まり!!ASOBI場 秋田潟上店

おでかけ

〈三種町〉つるつるプルン!大人もハマるじゅんさい摘み採り体験&おすすめレシピ!

おでかけ

a.woman編集室が行く!日産の電気自動車でワクワクドライブ 〜酒田・鶴岡編〜

おでかけ

〈秋田市〉南通亀の町のNEWスポット「ヤマキウ南倉庫」が待望オープン!