秋田の女性のWork&Life a.woman

9SEPTEMBER
2018

カラダ

【女性のカラダ漢方相談 】漢方で妊活!

女性のカラダのお悩みって、一人一人違ったり年齢によっても変わっていきますよね。そんな時、上手に取り入れたいものの一つが<漢方>です。でも、漢方についてなんとなくは知っていても、未体験の人にとっては「ちょっと難しそう」「本当に効果があるの?」といったイメージが先行しがち。そこで山王けやき薬品さんに、漢方についていろいろと気になることを質問してみました。今回のテーマは「妊活」です。

 

Q.妊活に漢方は効きますか?

A.「排卵がない」「卵管に問題がある」「大きな筋腫がある」など、妊娠を妨げる要因がはっきりしている場合は病院での治療が重要ですが、はっきりとした原因が分からず、通院してもなかなか授からないなどの場合は、漢方による妊活も有力な選択肢と言えるでしょう。また、病院での治療に合わせた漢方薬を服用されている方も多くいらっしゃいます。

漢方での不妊治療の特徴は、その方の体質をチェックし、ホルモンバランスや卵の質に関わる腎(じん)の働きを整えたり、血(けつ)を補ったりめぐりを良くしたりする漢方薬で全身のバランスを整えながら、妊娠しやすい体づくりを行うことです。

漢方では、腎(じん)は卵巣機能やホルモンバランスに深く関わると考えているので、腎の働きを整えて卵の質を良くしたり老化を抑えることが、不妊治療の根本的対策につながると考えています。

血(けつ)は、漢方の古典医学書に「女子は血をもって本となす」という言葉があるくらい、女性の体の基本として捉えています。また、子宮内膜は十分な血の供給が不可欠です。血を増やすことで、妊娠に必要な栄養や酸素が卵子や受精卵に充分に提供されるので、卵や受精卵の質の改善が期待されます。

さらに、血の流れを良くすると、新陳代謝を促すエネルギーである気(き)の流れも良くなり、排卵がスムーズになるなどの効果も期待できます。加齢による血流低下が卵巣機能低下の大きな要因とされているので、血のめぐりを良くすることは大事です。

このことから、妊娠をお望みになる方には、

● 腎(じん)のはたらきを整える
● 血(けつ)そのものを補い、増やす
● 血(けつ)の流れを良くする

という目的の漢方薬を、その方の症状や体質に合わせてお出しします。

 

Q.飲み続ける期間はどのくらいですか?お値段はおいくらですか?

A.服用される期間はお客さまによりますが、長年不妊に悩まれている方が数カ月の服用で授かり、「漢方を服用したことしか考えられない」とおっしゃる方も少なくありません。

費用は、1カ月およそ5,000円~25,000円と幅があります(費用についてはご相談に応じます)。体質や年齢、ご希望に応じて漢方薬をお出ししています。

 

Q.妊活目的以外の漢方薬との併用はできますか?

A.漢方薬は、妊活専門というより体質改善が目的なので、ほかの漢方薬と併用できます。ただ、働きの似ている漢方薬を服用されている場合は、お持ちの漢方薬を優先しています。また、病院から処方された薬(誘発剤、ホルモン剤)と漢方薬も可能です。むしろ薬の副作用を軽減したり働きを助けたりすることも。

 

Q.漢方と併せて摂るといい食べ物はありますか?

A.腎のはたらきを良くする食べ物は、黒豆・黒ごまなどの黒いもの、山いも・なめこ・オクラなど粘りのあるものなどのがオススメです。血を増やしたり、めぐりを良くする食べ物には、プルーンやナツメなど色の濃いもの、レバーやマグロなどタンパク質やミネラルが豊富なものが挙げられます。

 

Q.勧められた漢方が口に合わない場合は換えてもらうことはできますか?

A.味の合う、合わないはとても重要な要素ですので、できる限り味見をしていただき、好みの味を見つけるようにしています。もちろん、お口に合わない場合は違う漢方薬にすることもできます。

 

Q.男性向けの妊活用漢方はありますか?それは本人が行かないともらえないですか?

A.男性が問題の不妊原因としては、

●精子の問題(精子濃度、精子運動率が低い)
●タイミングの問題(ED、射精が難しい)

などがあります。お悩みの割合は一般に想像されているよりも多く、男性向けの漢方薬を服用されている方は少なくないです。ご本人の来店が難しい場合は、奥様から体質や生活習慣などをお聞きして、男性用の漢方薬をお出しすることもあります。

 

妊活をテーマにさまざまな質問に答えていただきましたが、漢方は自然由来なので妊活にも取り入れやすいですよね!
未病に効くといわれる漢方。未病とは「病名がつかない病気や病気一歩手前の状態」を指しますが、体がだるい・冷え・肩こり・不眠・めまい・食欲不振など、いわゆる女性によくある症状がそれに当たります。未病に気づいたら早めのケアを!

また、a.woman の「お問い合わせ」から質問も受け付けていますので、漢方に関する質問がある方は、こちらのお問い合わせフォームに記入のうえ送信して下さい。

 

【山王けやき薬品】
創業1992年。「秋田発“女性のからだ漢方相談”」を掲げ、漢方・不妊漢方・不妊周期調整法・子宝相談・婚活サポート・更年期など、女性の多様なお悩みに寄り添い、懇切丁寧に話を聞くことをモットーとしている。

(店主の飯田さん)

秋田市山王5-14-1
電話番号/018-866-0770
営業時間/平日9:30〜20:00、土曜10:00〜19:00、祝日10:00〜17:00
定休日/日曜
山王けやき薬品ホームページ

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

熊谷 清香

地元タウン誌や広告代理店勤務を経て、KITA DESIGNで企画・編集をしています。小中学生の母。趣味はテニス観戦。秋田市出身。丑年。

関連記事

カラダ

〈秋田市〉腸をセルフケアして、幸せ気分いっぱいの秋を迎えよう!

カラダ

<秋田市>ヨガスタジオ スロウフロウで、心と体をメンテナンス!

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.13 話題のZ〇Z〇スーツを試してみた!

お母さん

不妊治療で待望の子宝に恵まれた女性に聞いた「私たちの不妊治療」

カラダ

【ヘッドスパ体験記】秋田市の頭のもみほぐし専門店『BRAINS SPA 』に行ってきました!

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.11 ムダ毛問題

カラダ

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.9 まだむ式ダイエット 筋トレ編

カラダ

輝くネイルで心おどる春を迎えませんか♪卒業式や入学式にもおすすめ!

カラダ

【女性のカラダ漢方相談 】漢方で妊活!