秋田の女性のWork&Life a.woman

12DECEMBER
2018

お母さん

働くママの強い味方!病児託児「子育てラボhateao」秋田市にオープン!

子どもの突然の発熱に朝は大慌て…なんて、働くお母さんにとってはあるあるですよね。そんな時心強く助けてくれる病児託児サービスが秋田市で始まりました!

子育てラボhateaoは、看護師、保育士、子育てサポーターなど、有資格スタッフが子どもの病気に対応してくれる託児サービスです。

連携しているいなみ小児科ファミリークリニック(秋田市通町)の2階を病児託児室として使用できるので、通院の時間がない場合にはいなみ小児科への受診をサポートしてもらえます。(いなみ小児科の託児利用は土崎飯島地区にお住まいの方限定となります)

不慣れな場所では心もとないというときは、利用者宅での出張託児も可能。サポーターがお伺いします(自宅での託児は秋田市全域で利用可能)。体調が悪く不安なとき、子どもに寄り添ったあたたかい託児がうれしいですよね。

利用の仕方は簡単、以下の4ステップです。

【利用の仕方】
①LINEで事前登録(無料)をする   ID  @tkg2275n
(お母さんの名前、子どもの名前、年齢を送ってください)
②熱が出たらまず連絡
③病院受診(必要に応じて通院サポートもあり)
④託児(いなみ小児科2階または、ご自宅)
※医師の診断書などの書類は不要、お昼ごはんは持ってこなくても大丈夫です。
※突然の発熱など急性期に対応いたします。回復期は家でゆっくり過ごしてください。(風邪、インフルエンザ、おたふく風邪、水ぼうそうなどに対応)

【料金】1,000円/1時間
◎4月18日からは秋田市子育てクーポンも使えます!

働くお母さんやご家族の、いま・すぐ!のSOSに手を差し伸べたい

代表の山田綾子さんは元気な双子の男の子のママで、看護師歴は13年。双子サークルひなっこクラブの代表も務め、今年で4年目となります。これまでにたくさんのママや子どもたちと関わってきました。

「働くお母さんやご家族の、いま・すぐ!のSOSに手を差し伸べることができる存在でありたいと思っています。こどもの身体のこと、発達のことなどなんでもご相談ください。」と山田さん。地域で子育てをする環境をつくりたいと、今年の4月には放課後の子どもの居場所こどもらぼも立ち上げました。
まずは事前の登録だけでもぜひ!

 

【子育てラボhateao】
託児・病児託児・病院通院サポート
(企業などのイベント託児も承ります)
hateao730@yahoo.co.jp(山田)

アドバイザー
いなみ小児科ファミリークリニック院長 稲見育大先生

☆☆☆賛助会員・団体募集中!☆☆☆
賛助会員団体(年会費 1口 6,000円)
賛助会員個人(年会費 1口 3,000円)
メール連絡のうえお振込ください。

☆☆☆ラボサポーターも募集中☆☆☆
①託児・病児託児・病院通院サポート
②こどもの居場所 『こどもらぼ』
③子育てラボhateao イベントスタッフ
スキマ時間に働きたい、転勤族で定職につけない、趣味でやっているお裁縫・お料理を誰かに教えたい、という方一緒に働きませんか?

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

桐谷 うらら

3人のママ、iro*ha茶店オーナー、クルールあきた編集長、デザイナー、ライターをやってます。いろんな苦手を必死で克服しているうちに、いつの間にか多方面で活動をするように。色とお茶が大好き。目指しているのは世界平和です。心が安らぐこと、愛のあるメッセージを発信していきます♪

関連記事

お母さん

「フードバンクあきた」子どもたちの笑顔のために、身近でできる食糧支援を

お母さん

 〈五城目町〉大人も子どもも遊べる自由空間「ただのあそび場」が1周年

お母さん

<五城目町>かわいい、楽しい、ここちよい。こころがほっこりする雑貨屋5cochi(ゴコチ)

おでかけ

〈由利本荘市〉今話題の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」人気の遊び場BEST5!

お母さん

子どもの成長を遊びで支援!「魔法の板」で創造力を育む児童館スタッフ

お母さん

最近よく聞くスクールソーシャルワーカーってどんな職業?

お母さん

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.12 まだむ式時短家事術(?)

お母さん

革職人が惚れた東北製のランドセル。秋田県ではマルサンカバン店だけ!〈湯沢市〉  

お母さん

家族で楽しめるおもちゃと遊びの専門店のはらむら〈秋田市〉