秋田の女性のWork&Life a.woman

3MARCH
2019

お母さん

〈大館市〉個々のスキルを活かしてお母さん3人が会社設立 mamaplan-ママプラン-

春は出会いと別れの季節ですね。旦那さんの予期せぬ転勤で、結婚前から続けてきた職場で働けなくなったとか、春から子どもを保育園に預けるのを機に仕事をしたいけど、土日出勤や子どもの急な発熱を考えると仕事が選びにくいなど、妻であり母になった女性が、思い描くとおりに働くのはとっても難しいですよね!

しかし、そんな状況にもめげず、自分たちらしく、柔軟な働き方をしているお母さんがいます。
大館市のシェアオフィスを拠点に、ホームページ制作、ライティングなどを請け負うmamaplan(ママプラン)さんを取材しました。


(左から)WEB担当の山本美樹さん。ライターの島田真紀子さん。データ入力、校正担当の安保和美さん。

2017年より大館市を中心にホームページ・チラシ・名刺の制作、取材・執筆を行っています。それぞれが育児中のお母さんで、子どもの年齢は下は3歳から上は中学生までとさまざまです。

始まりは、島田さんが制作したHP「おおだてde子育て」から

秋田市の出版社に勤務していた島田さんは、3人目のお子さんが産まれた頃に、旦那さんの仕事で大館市へ転勤することになり長年務めた会社を退社。
上のお子さん2人を秋田市で子育てし、情報が充実していたのに対して、大館に移住してみると子育て情報などに不便を感じたそう。
「私が子育て中だったこともあり、自分で大館の子育て情報を集めてみようと思いました。
今までやってきたライターの仕事をするにも、人脈がない土地でやっていくのは難しいので、HP制作の勉強をしながらおおだてde子育てというサイトを作りました。」と島田さん。

おおだてde子育て
(大館市内の子育て世帯向けの遊び場、ショップ、病院、幼稚園の情報発信、イベントカレンダーの発行、毎月開催する「わわわde子育てカフェ」の運営を行っています)

その後、大館市内を取材して歩くうちに出会った人たちと「おおだてde子育て」という子育て支援団体を立ち上げることに。
団体が運営する子育てカフェに参加していた、山本さんと安保さんが運営の手伝いをするようになったのをきっかけに、3人で一緒に仕事をするようになったそう。
一人で全部やるより、他に得意な人がいたらやってもらった方が、自分の得意なことに集中できて効率がよくなったと、島田さんは言います。
子育てをきっかけに、ライター、制作、校正と、3人が持っていた仕事のスキルがうまく噛み合いmamaplanとしての活動がはじまりました。

仕事は個々だけど、mamaplanを窓口に

島田さんは雑誌やWEBのライターを。山本さんは短時間のパートをしながらHPやチラシ、名刺の制作を。安保さんはデータ入力や校正の仕事を在宅でも続けながらmamaplanの仕事をしています。
3人それぞれが個人事業主ながら、mamaplanを窓口として仕事を請け負うという、柔軟なスタイルで働いていることに驚きます。
完全フレックス制で、自分の仕事がある時にオフィスに来て仕事をしたり、一緒に打ち合わせに出掛けたりするそう。

シェアオフィス・コワーキングスペース「MARUWWA」にオフィスを構えて

以前は、メールやLINEで連絡を取り、集まる場所を決めて活動していたのが大変だったとか。
2018年に大館駅近くにできたMARUWWAに事務所を構えてからは、依頼主に信頼してもらえるようになったりと、さまざまなメリットを実感。
「家で仕事をしていると、家事が目についたり、仕事が忙しくて家事がおろそかになっていると、家族からの冷たい目線があったから、今はメリハリがあってとてもいいです」と、お母さんならではの悩みも解消したそうですよ。

子連れオッケー!お母さんにとって夢のようなオフィス環境バンザーイ!

MARUWWAは、オフィスのみならず、学生が勉強に利用したり、さまざまな人たちの交流の場となっています(詳しくはこちらの記事参照)。
取材当日も安保さんのお子さんが一緒に出社していましたよ。
「長期の休みには、自分たちの子どもがMARUWWAに来て勉強しています。小さい子の勉強を見てあげたり、一緒に遊んだり。あと、母親が働いている姿を見せられるのもいいなと思います。」
なんて素敵な!これはもう働くお母さんの理想郷だと思いませんか?

1人より3人で働くメリットも大きい

「これからも、3人が無理なく働くのが目標かな。仕事も家庭もバランスよくやっていきたいですね。」
一人で仕事している時は、誰にも相談できないのが辛かったけど、ここでは話し相手がいるというのが大きいと言います。
友達とは違う距離感だけど、ママ同士のモヤモヤも話せて、時には辛い仕事の話も明るくできる、誰もがうらやむ関係性ですよね。

mamaplanさんでは、打ち合わせの距離感を大切に、地元の個人事業主向けにローコストでサービスを提供しています。
おおだてde子育ての活動も同時進行で、mamaplanの収益の一部を活動資金にしているそうです。
人と人、人と場所がうまく繋がって、キラキラしながら働くお母さんの姿がここにはありました。
妊娠・出産・子育てで、働き方に悩むお母さんや、起業を考えている女性たちに、夢と希望を与えてくれるのではないでしょうか。

 

【mamaplan(ママプラン)】
https://mamaplanodate.net
大館市御成町1丁目12-27 わっぱビルヂング 2F オフィスD
営業時間/10:00~16:00
定休日/土・日・祝(夏期冬期休暇あり)

【おおだてde子育て】
http://oodate-kosodate.com/
Facebook

【MARUWWA(マルーワ)】
https://maruwwa.com/
Facebook
Twitter
Instagram

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

Maki

秋田公立美術工芸短期大学卒業後、印刷・デザイン・WEB制作等の会社に勤務。出産・育児を機に「Maki design」としてフリーランスに。鷹ノ巣駅向かいの「コミュニティーステーションkitakita」レンタルオフィスで活動中。秋田県北の情報を発信して行きます!

https://makidesign.localinfo.jp/

関連記事

お母さん

〈大館市〉個々のスキルを活かしてお母さん3人が会社設立 mamaplan-ママプラン-

お母さん

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.19 男ってやつは…

お母さん

オリジナルの育児を楽しもう!読み聞かせない絵本ライブが大人気のみっつさん

お母さん

【まだむユキコの瀬戸際コラム】vol.18 今年1年を振り返って

お母さん

「フードバンクあきた」子どもたちの笑顔のために、身近でできる食糧支援を

お母さん

 〈五城目町〉大人も子どもも遊べる自由空間「ただのあそび場」が1周年

お母さん

<五城目町>かわいい、楽しい、ここちよい。こころがほっこりする雑貨屋5cochi(ゴコチ)

おでかけ

〈由利本荘市〉今話題の「鳥海山 木のおもちゃ美術館」人気の遊び場BEST5!

お母さん

子どもの成長を遊びで支援!「魔法の板」で創造力を育む児童館スタッフ