TOP

あなたが輝くファッションスタイルを診断してくれるコンサルタント。「女性がキレイになると、まわりもハッピー ! 」

イメージコンサルタント「ロード・ブリリアント」主宰 小番 理公子さん

「あ~!着る服がない!」鏡の前で何回も着替えたり、髪型がしっくりこないと悩んだり……
毎朝のこんな光景、お仕事女性「あるある」ではないでしょうか?

そのモヤモヤをパッと晴れにしてくれる、頼もし~い助っ人が「イメージコンサルタント」。
ご活躍中の小番理公子(こつがいりくこ)さんにお話を伺いました。

「イメージコンサルタント」って、初めて耳にする人もいると思います。どんなことをされているのですか?

お洋服からヘアスタイル、メイク、アクセサリーや靴にいたるまで、洋服まわりでお悩みの方に、トータルで「見せ方」のアドバイスやコーディネートをしています。ひとりひとり肌や瞳の色、骨格のラインは違うものなので、個々を引き立てる色やファッションスタイルをお伝えして、毎日楽しく「着る」ことができるように背中を押してあげる感じですね。
「トータルコンサルティング」では、たくさんの布を実際に当てて顔映りを確かめながら、お似合いになるパーソナルカラー(色)とファッションスタイルを診断します。10タイプのカラー × 7タイプのファッションスタイルの中から、きめ細かにみていくんですよ。


今日も、ダイナミックな柄がとてもお似合いで素敵なのですが、個人事業主となる前もファッション関係のお仕事をされてきたのですか?

いえいえ、不動産会社勤務でした。しかも会社員時代は「白黒グレー紺」の地味なスーツばかり。柄ものなんてとてもとても(笑)

それは意外です! どんな経緯でイメージコンサルタントになられたのでしょう?

もともと事務として入社したのですが、あるとき会社の経営転換で営業に配置換えに。ノウハウもないのに家を売ることになったんです。飛び込み営業やポスティングもがんばりましたが、いつクビになるかとおびえる毎日でした。
そんな必死の時期に出合ったのが、わたしの師匠である高野優梨さんと渋井真帆さんの共著『輝く女性はみんなキレイを手にできる』。そこには「仕事のできる人は見た目にも気を使っていて、両輪があってこそ人生が豊かになる」と書かれていました。
それまでは「壁になりたい」と思うくらい(笑)目立つのが嫌で、服装を意識したことがなかったんですね。すぐ買い物に行って、店員さんにアクセサリーまで全身コーディネートしてもらいました。その一式を着て会社に行くようになったら、だんだんまわりの反応も変わってきたんです。ほめられたり、意見が通るようになったり。

「見せ方」を変えることで万事うまくまわる、それを実感されたのですね?

そうです。顔や体は変わらないのに意識が変わり、自信が出てきたんです。仕事も面白くなって、お客様や内容に応じて服装を変えていくようにしたら、商談もスムーズ、営業成績もトップに。6年で82棟に携わりました。
でも、結局リーマンショックの波を受け解雇。その後も公的機関の契約社員の職に就いたのですが、今度は「世の中思うような仕事はない、年齢の壁もある」という現実に直面。
だったら何かのスペシャリストになろう!と思いました。そこで思い出して、読み返したのが高野先生の本。思いを固めようと、先生のところへ直接トータルコンサルティングを受けに行きました。

ご自身がコンサルティングを受けてみてどんな風に変わりましたか?

まず、自分が「ドラマティックタイプ(大胆な柄と色使いのスタイルが似合うタイプ)」という診断に驚愕でした! 壁になりたかった人間なので(笑)最初は抵抗があって受け入れられませんでした。ですが、そのスタイルにしたらほめられることが増えてきて。
「おしゃれはセンスの有無でもお値段でもない。自分のことを知っているかどうかなんだ!」と確信しました。「自分のスタイルさえ分かれば素敵になるのはカンタン、その方法を伝えたい」という思いがどんどん強くなり、コンサルタント養成講座に通うことにしたんです。

平日はお仕事されながら、ですか? すごい体力と行動力!

3か月間、毎週末東京に通いました。家族も協力的でしたし、東日本大震災があって悔いなく生きたいと思ったことも気持ちを押しました。10日間のニューヨーク研修も経験し、職場も辞めて、2012年から本格的に現在の活動をスタートしました。

「ロード・ブリリアント」という屋号にはどんな思いがあるのでしょう?

自分の意思で道(Road)を切り開き、輝かしい(Brilliant)未来へ進もう、という思いを込めています。

現在はどんな方が、どんなサービスを利用されていますか? エピソードもあれば伺いたいです。

セミナーや講演などもご依頼いただきますが、ご利用が多いのは30~40代で子育てをしながらお勤めされている方ですね。子育てが若干落ち着いて、ふと自分のワードローブを振り返ってみたら似たような服ばかり… という方がトータルコンサルタントやお買物同行サービスをご希望されます。
「何年も前に買ってうまく着こなせなかったブラウスがしっくりくるようになった」「近くのスーパーで買ったリーズナブルなストールなのに、高級品でしょ?と言われた」「毎日洋服選びが楽しい!」とのご報告もたくさんいただきますね。
お洋服に対して「似合わない」というネガティブな思い込みがあることも多いのですが、ご自分のスタイルさえ知ってしまえば、しっくりこない理由が分かりますし、逆にそれを着こなせる逆転ワザの知恵が身につくんですよ。お洋服との関係が楽しくなるようなアドバイスを心がけています。

まるでカウンセリングみたいですね。洋服選びは毎日のことだからこそ、ポジティブな気持ちでいたいです。

女性に生まれたからにはおしゃれを楽しまないと、ね。ひとりの女性がキレイになると、まわりの人たちにも伝染してキラキラハッピーになるんです。それを見るのがうれしくて!
そしてほめられたら、遠慮しないで幸せな気分を受け取っていいんですよ。

頼りにしたくなるおおらかさ、女性へのあたたかいまなざしに感動です。では最後に、働く女性に向けて、ハッピーな着こなしのヒントがあったら教えてください。

似合うものは千差万別なので一概には言えないのですが… どうしてもベーシックな色のお洋服が多いと思うので、まずは小さい面積から「好きな色」を取り入れてみてはいかがでしょうか。アクセサリーやちょっとのぞくインナーなんかでね。白いシャツを、淡いパステルカラーに替えてみるのもいいですよ。
あと「好み」よりも「自分をきれいに見せるもの」を意識して選んでみてください。アクセサリーも、シルバーかゴールド、どちらが顔色よく見えるかを再確認してみましょう。初対面の店員さんにお見立てしてもらうのもおすすめですよ。

ありがとうございました!小番さんの、お仕事に対する積極的な姿勢と、人生のあゆみそのものが働く女性へのエールに思えました。「自分を知ること」。それはおしゃれにも、お仕事にも通じるエッセンスなのかもしれませんね。

※撮影協力:むつみワールド

「ロード・ブリリアント」
トータルコンサルティング(パーソナルカラー&スタイル診断)8,640円(税込)
※二人一緒にお申込の場合、お一人様7,560円となります

【お問い合わせ】
happymystyle55@gmail.com
090-3124-1785
http://rikuko.jp/

キーワード

秋田県内エリア

Writer

awoman 編集室

awoman 編集室

秋田の働く女性に役立つ情報をお届けします。

関連記事

不妊や女性特有の身体不調に寄り添う。妊娠しやすいココロと身体をつくる妊活セラピスト

不妊や女性特有の身体不調に寄り添う。妊娠しやすいココロと身体をつくる妊活セラピスト

「おいしい、楽しい、カラダにいい」フリーランスの栄養士がつくる“帰れる食”

「おいしい、楽しい、カラダにいい」フリーランスの栄養士がつくる“帰れる食”

リノベーションで空間に新たな息吹を。人と場を結ぶ建築家

リノベーションで空間に新たな息吹を。人と場を結ぶ建築家

男性に負けない気力と体力で、女性初の山内杜氏試験に合格した蔵人

男性に負けない気力と体力で、女性初の山内杜氏試験に合格した蔵人

自分、仕事、恋愛、夫婦。個性を知って人間関係に役立てる個性心理學®認定カウンセラー 

自分、仕事、恋愛、夫婦。個性を知って人間関係に役立てる個性心理學®認定カウンセラー 

目指すは、使って楽しむものづくり。衣食住を金属で彩る金工家

目指すは、使って楽しむものづくり。衣食住を金属で彩る金工家