TOP

味噌とコミュニティFMの力で、災害に強い「人」と「地域」づくりを。

みそソムリエ・ラジオおおだて局長 小山明子さん

3人の男の子を育てながら、10年近く味噌汁の良さを伝える活動を続けてきたみそソムリエの小山明子さん。さらに、2021年には大館市にコミュニティFM「ラジオおおだて」を開設しました。一見、無関係のような味噌とラジオですが、「防災」というキーワードで結びついているのだそう。小山さんが思い描く大館市の未来について、お話を伺いました。

母親として子どもに伝えたいこと

ー味噌汁の活動を始めたきっかけについて、教えてください。

小山 2011年の東日本大震災を機に、子育てについて真剣に考え始めました。一生懸命積み重ねてきたものが、自然災害で全て破壊されてしまう。子どもの未来に、再びこうした災害が起こり得ることを実感し、親として何を身につけさせてあげたらいいんだろうと考えたんです。必要なのは学歴でも大企業に勤めることでもなく、内側から湧き出てくる「生きたい」という気持ちなのではないかと。そのために、心身の健康、そして生きるために必要な食べ物が大事だと考えました。

(食卓に欠かせないご飯と味噌汁。写真提供:一杯の味噌汁プロジェクト)

小山 「食ってなんだろう?」ということを自分なりに突き詰めていったら、ご飯と味噌汁に辿りつきました。寝坊して朝食抜きで出かけようとする子どもに、お母さんが「味噌汁だけでも飲んでいきなさい!」と言ったりしますよね。日本人にとって、味噌は「コレさえ食べれば生きていける、ありがたいもの」として、昔から兵糧や保存食、災害時の食料として重宝されてきました。

日本の食文化としての味噌

ー味噌は、いつ頃から日本の食卓にあったのでしょうか?

小山 味噌の原型は、その昔、大陸から伝わった「醬(ひしお)」だと言われています。穀物などを塩漬けして腐らないようにしたもので、現在の味噌とは見た目も違う、とても硬いものだったようです。体に良いため、平安時代には高級官僚の給料として扱われるほど貴重なものでした。鎌倉時代や室町時代になると、硬い粒みそのようなものをすり鉢ですりおろして水やお湯に溶いて味噌汁として食すようになり、少しずつ庶民に広がりました。

(味噌汁が誕生してから、一汁一菜という日本の食卓の原型ができたのだそう)

小山 日本は、地震や洪水、疫病や飢餓などの災害とともに発展してきた国ですが、災害時に救援物資として復興に関わってきたのが味噌でした。チェルノブイリの原発事故の時には、日本からウクライナへ救援物資として味噌を送っています。長い間、日本人の暮らしに寄り添ってきた味噌は、美容に良いとか子どもの成長に良いといった栄養面の長所はもちろんなのですが、それ以上に「味噌さえ食べていれば生きていける」という精神面からも、災害からの復興を支えてきたのです。

日常から災害まで、全てを包み込む味噌の力を伝える

(大館市で開催した味噌づくり講座)

ー味噌の良さを伝える活動が「一杯の味噌汁プロジェクト」なのですね。

小山 はい。味噌の歴史や、日本の食文化としての味噌を広く伝えるために、2012年に「一杯の味噌汁プロジェクト」を立ち上げました。生活様式が変化して味噌汁が食卓に並ばない家庭も増えてきましたが、発酵や醸造といった日本ならではの食文化は今、海外からも注目されています。日本の素晴らしい食文化を知っている子どもを増やしたいという思いで、県内外の幼稚園や小学校での味噌づくり教室、お母さんたちへの味噌汁教室を開催してきました。また、雑誌などに味噌料理のレシピも寄稿しています。

(秋田市の幼稚園での味噌づくり教室。写真提供:一杯の味噌汁プロジェクト)

防災拠点としてのコミュニティFM

ー味噌に関する活動を続けてきた小山さんがラジオ局を開設したきっかけは、何だったのでしょうか?

小山 新型コロナウイルスの影響で小学校や幼稚園での活動ができなくなり、味噌のことを伝えられない状態になった時に、「防災や災害時の備えとしてのコミュニティFM」という考えを持つ方との出会いがありました。新型コロナウイルスの流行も、言ってみれば災害の一種です。そんな中でも電波を通じてなら、味噌や防災食のことを地域の皆さんに伝えられることに気づきました。さらに、インターネット配信で全国の人に発信することもできます。

(小山さんの家業であるゴルフ練習場の中にある、FMラジオおおだて)

小山 地域にラジオがあれば、災害時にいち早く状況を伝えることができ、災害からの立ち上がりの動機付けや復興の意欲を高めるお手伝いができます。情報をラジオで共有することで、スピード感のある復興ができる地域づくりをしていけるのではないかと考えました。コロナ禍で講座などの活動ができない時間をラジオ局開設の準備に充てて、2021年1月17日から放送をスタートしました。

地域の人たちが多様な花を咲かせる場

ーコミュニティFMの魅力はどんなところですか。

小山 地域の人たちが出演し、関わっていくことでたくさんの刺激や変化が生まれるところです。皆さんがそれぞれに持っている「花の種」が、関わり合いによってどんどん変化して、新しい花が咲いたり、ときには予期しないような花が咲いたりするのが、とても楽しいです。「大館にこんな人がいたんだ」「この人はこういう知識や考えを持っているんだな」と新しい気づきがたくさんあり、それが地域の身近な人であるところが、コミュニティFMならではの魅力だと思います。

(毎月第1・第3火曜日の午後に放送している「かだる!! 子育てラジオ」パーソナリティの皆さん)

ーラジオ放送を始めて、良かったと思うことはありますか?

小山 開局してから365日24時間、放送を続けているのですが、今、番組作りに関わっている人が55人ほどいるんです。この55人の皆さんがそれぞれ自発的に「こんなことを発信したい」という挑戦とオリジナリティで番組を作っています。そのことを心からすごいなと思いますし、皆さんが作り出す素敵な番組と出会える私はこの上なく幸せだと感じています。一方で、「もっと大館が一体化している姿を見たい」という思いが依然としてあります。「理想が高すぎる」ってよく言われるんですけどね(笑)

ラジオを活用して未来の大館の土壌づくりを

ー小山さんが思い描く、もっと一体化している姿とはどんな未来なのでしょうか?

小山 とても抽象的なことになってしまうんですけど…。「あの人だばや〜」と人を批判したり比べたり、地域や人に対して不満を言うのではなく、大変なことがある中でも「あ〜今、私は幸せだな」「自分、素敵だな」と思える人がたくさんいる街になったらいいなと思うんです。そういう街には幸せな人が生まれるし、そういう人がいる街だから幸せになる、どちらが先か分からないですけどね。

(ラジオ局の運営だけでなく、朝7時〜「グッドモーニングおおだて」(月水金)、昼12:30〜「ランチタイムおおだて」、味噌の良さを伝える「miso style」などの番組パーソナリティも務める小山さん)

小山 味噌は災害時の助けになるとはいえ、普段の生活で味噌がなくても生きていくことはできます。同じように、ラジオがなくても地域は回っていきます。でも、いざという時「味噌さえあれば生きていける」ように、災害時にラジオがあれば復興のスピードを加速することができると思うんです。ラジオの持つ可能性は大きいですが、まだまだ道の途中です。今できることを精一杯やっていった先に、未来の大館が子どもたちが笑っている街になったらいいなと思っています。

「ラジオ局の運営は本当に大変で、例えるなら、毎日三千本の針に糸を通し続けるような日々」と小山さんは言います。料理をする暇もないほど不規則な生活が続く中で、「具沢山の味噌汁を作れば気持ちもお腹も落ち着きます。災害級の大変な日々が、味噌に救われているんですよ」と笑う小山さん。小山さんが思い描く「子どもたちが笑っている未来」は、きっと皆が心から願う地域の姿に違いありません。

DATA

【小山明子さん】
秋田県大館市出身。東京の音楽制作会社に就職したが、家業のゴルフ練習場を継ぐため帰郷。結婚し、3人の男の子を出産。2012年に「一杯の味噌汁プロジェクト」を立ち上げ、みそソムリエとして味噌の歴史や味噌汁の良さを伝える活動を始める。2021年1月にFMラジオおおだてを開局。家業とみそソムリエとしての情報発信、ラジオ局の運営に奔走する。

一杯の味噌汁プロジェクト
Facebook

ラジオおおだて
秋田県大館市釈迦内字二ッ森149-1
HP
Instagram
周波数/81.4MHz
※ラジオおおだての放送は、アプリ「FMプラプラ」で全国どこからでも聴くことができます。

キーワード

秋田県内エリア

Writer

Makiko

Makiko

有限会社無明舎出版勤務を経て、フリーライターとして、雑誌、フリーペーパー、WEBなどの記事を執筆。秋田県大館市在住。秋田県北を中心に、秋田の観光・食・子育て・話題のスポット・スポーツなどについて発信しています。 mama plan(ママプラン)所属
https://mamaplanodate.net/information/

関連記事

味噌とコミュニティFMの力で、災害に強い「人」と「地域」づくりを。

味噌とコミュニティFMの力で、災害に強い「人」と「地域」づくりを。

花火のまちで生まれ育った花火職人。仲間と共に美しい花火を作り上げる

花火のまちで生まれ育った花火職人。仲間と共に美しい花火を作り上げる

568kmの想いを届けて。秋田の農業の未来を模索する野菜卸会社「ゴロクヤ市場」

568kmの想いを届けて。秋田の農業の未来を模索する野菜卸会社「ゴロクヤ市場」

仕事も遊びも子育ても“楽しい”の感覚を大切に。何事にも全力投球の料理人

仕事も遊びも子育ても“楽しい”の感覚を大切に。何事にも全力投球の料理人

もっと身近な助産師に!フリーランスで関わる妊娠・出産・子育てサポートのプロ

もっと身近な助産師に!フリーランスで関わる妊娠・出産・子育てサポートのプロ

自分の美しさを引き出すダイエットを発信し続けるインスタグラマー

自分の美しさを引き出すダイエットを発信し続けるインスタグラマー