TOP

〈大館市〉オシャレな空間で本格スパイスカレーを!「辛幸食堂」

2023年10月、大館市役所近くの交差点にオープンしたスパイスカレー専門店「辛幸(からしあ)食堂」。独学で学んだスパイスを調合した本格インドカレーに、日本の出汁のうまみの文化を組み合わせた、絶品カレーを提供しています。

本格的なのに口に馴染む、独学で作り上げたスパイスカレー

「本格スパイスカレー」という響きから想像するようなクセや強すぎる辛味はなく、かつ、深みのあるコクやうまみをしっかりと感じることができる、辛幸食堂のカレー。本格的でありながら、慣れ親しんだ「おうちカレー」の雰囲気も感じられる、とても食べやすい味です。

「お客さんに『おいしい』と思ってもらえないと意味がないので、辛味もスパイスの風味も、尖りすぎないように気を付けています」と、店主の佐々木幸嗣さん。「家では作れないけれど、『異国風』すぎない味」を目指しているそうです。

(看板メニューのKARASHIAカレー1200円。3種のカレーに7種のトッピングが添えられています)

「初めてのお客さんには、まずこれを食べてほしい」と佐々木さんが話す「KARASHIAカレー」。甘口の「濃厚バターチキンカレー」、辛口の「鶏白湯チキンカレー」、中辛の「出汁キーマカレー」の3種をあいがけにした看板メニューです。

(カレーは+100円でチャイまたはコーヒーとセットにできます。写真はチャイ)

(テーブルにあるメニュー表の裏には、オススメの食べ方が図解で載っています)

それぞれ違うおいしさを楽しめるカレー3種に、たらこパスタレンコンきんぴら赤タマネギのアチャール(インドの漬物)など、オリジナリティのある7種のトッピングをのせた一皿。キーマカレーとたらこパスタを混ぜてボロネーゼ風にしたり、バターチキンカレーにレモンをかけてさっぱり感を出したりと、一度では味わい尽くせないほど食べ方のバリエーションが豊富。何度も味を変えて楽しめる、まるで魔法のようなカレーです。

ご飯は地元・大館市産のあきたこまちを使用したターメリックライス。インディカ米やナンよりも日本人向けで食べやすく、辛幸食堂のカレーによく合います。

センスのいい店内で非日常のひとときを

(店内はオシャレなカフェのような雰囲気。テーブルは全て佐々木さんがDIYで製作したそうです)

「味だけでなく、お店でしか味わえない空気感を大切にしたい」と、内装やBGM、接客にもとことんこだわっています。女性をメインターゲットにしつつ、男性も来店しやすい雰囲気を目指したという店内は、落ち着きのあるハイセンスな空間。ちょっとした非日常を味わいながら、ゆったりと過ごすことができます。

(ランチタイムのみの営業なので、雰囲気だけでも楽しめるようにと、英国産の本格クラフトノンアルコールビールを提供。4種・各550円)

長年思い描いてきた飲食店の経営

(店主の佐々木幸嗣さんと、奥さんの優真さん。2人が被っているオリジナルロゴ入りのベースボールキャップは、店舗とオンラインショップで販売しています)

25年間アパレル業界に身を置き、営業や企画、生産などの仕事に携わってきた佐々木さん。飲食業界の経験はないものの、いずれは飲食で自身の店を持ちたいと、10年以上前から考えていたそうです。

飲食業の魅力を、佐々木さんは「自分が作った物を食べていただき、その場でお客様の反応を見られること。特に、お客様が喜んでいる姿を見るととても嬉しく、やりがいを感じます」と話します。

(数年前まで全く異なる雰囲気のカレー店が入居していた店舗をリノベーションし、居心地が良い空間に)

スパイスカレー店を始めようと思ったきっかけは、7~8年ほど前に前職での大阪出張の際に訪れた、個人経営のスパイスカレー店に惹かれたこと。店主の好きなものを詰め込んだ店の様子に触発され、「自分が将来店をやるならこれだ」と感じたそうです。

(カウンターや上部の棚には、数十種類のスパイスが並んでいます)

「料理の技術ではベテランの料理人に勝てないかもしれないけれど、お客さんがお店に来る理由はそれだけじゃない。自分が見てきたこと、やってきたことを生かして作り上げたお店です」と話す佐々木さん。「辛幸食堂」という店名にも、「『辛い幸せ』を味わってもらいたい」という意味とともに、さまざまな想いが込められています。

「自身の名前にも入っている『幸』の字は、亡くなった父から受け継いだ字なので、店名に入れたかったんです」と、大切そうに話してくれました。

(調理を佐々木さん、ホールを優真さんが担当。カレーの食べ方に迷ったら、優真さんがアドバイスしてくれます)

何度食べても新しい発見がある、辛幸食堂のスパイスカレー。週一回のペースで通い、その度に違う食べ方を試すリピーター客も多いそうです。「スパイスカレーってクセが強そう…」と思っている方でも、一口食べるとイメージが変わるはず!ぜひ足を運んでみてくださいね。

※価格はすべて税込です。

DATA

【辛幸食堂】
秋田県大館市桂城28
営業時間/11:00〜15:00
定休日/日曜(※不定休あり)
Instagram
オンラインショップ・テイクアウト予約

キーワード

秋田県内エリア

Writer

もも

もも

大館市在住。フリーランスでライター、WEB制作、EC運営等をしています。人と話すこと、人を知ること、楽しいことが好き。誰かの心がラクになるきっかけになるような情報発信を目指しています。

関連記事

〈潟上市〉食感と風味を楽しむ。何度も通いたいベーカリー「BreadFictions」

〈潟上市〉食感と風味を楽しむ。何度も通いたいベーカリー「BreadFictions」

〈大館市〉オシャレな空間で本格スパイスカレーを!「辛幸食堂」

〈大館市〉オシャレな空間で本格スパイスカレーを!「辛幸食堂」

〈藤里町〉今が旬! 菓子工房エスポワールの「超旬感ロールケーキ」

〈藤里町〉今が旬! 菓子工房エスポワールの「超旬感ロールケーキ」

〈大仙市〉住宅街の小さな焼き菓子屋さん「toi toi toi」で笑顔のおやつ時間を

〈大仙市〉住宅街の小さな焼き菓子屋さん「toi toi toi」で笑顔のおやつ時間を

〈秋田市〉心を込めて結びます「おにぎり おむすび OMEGURI」

〈秋田市〉心を込めて結びます「おにぎり おむすび OMEGURI」

〈大館市〉身体にも嬉しい!糀を使った地産地消のおいしいランチ「マイハナ」

〈大館市〉身体にも嬉しい!糀を使った地産地消のおいしいランチ「マイハナ」