TOP

〈大館市〉県産食材を使ったチョコや洋菓子「パティスリーメッスナー」

毎日の雪かきに、家事に仕事…秋田の冬は大忙しですよね! 頑張っている自分へのご褒美や、友人とおしゃべりするひとときに添えたいのが、お気に入りのスイーツ。 2022年12月に大館市にオープンした洋菓子店「patisserie Messoner(パティスリーメッスナー)」は、県産食材を活用しながら、見た目も美しいケーキや焼き菓子、チョコレートを製造・販売しています。オーナーパティシェの藤田雄佑(ゆうすけ)さん・未玖(みく)さんご夫婦に、お話を伺ってきました!

(笑顔が素敵な藤田さん夫妻は、二人ともパティシェ。今は、雄佑さんが製造、未玖さんが接客を担当しています)

大館市役所近くの街中にオープン

大館の中心地にある店舗は、白を基調にしたオシャレな外観です。店内に入ると、焼き菓子の甘〜い香りに包まれて早くも幸せ気分に♡

(店名の「メッスナー」は洋菓子を表すフランス語かと思いきや、秋田弁の「うめっすな〜」をもじったのだそう)

(冷蔵ショーケースには、色鮮やかなケーキがずらりと並びます)

定番のケーキをご紹介!

ショートケーキ、モンブラン、レアチーズ、チョコレートといった定番ケーキのほか、季節のフルーツを使った期間限定メニューや、その日にしか出会えないレアなケーキもあり、宝探しのような気分で楽しめるのが同店の魅力。今回は、定番の3種をご紹介します。

(左「レアチーズレジェ」、中央「高級和栗モンブラン」、右「キャラメルショコラバナーヌ」)

レアチーズレジェ(500円)…口当たりの軽いレアチーズケーキ。飾りのスポイトには、白ワインと塩をほんのり効かせたソースが入っています。直前にソースをかけて召し上がれ♪
キャラメルショコラバナーヌ(570円)キャラメルバナナのクリームとシナモンを効かせたチョコのムース。確実に美味しい組み合わせ!
高級和栗モンブラン(670円)高級和栗を使ったモンブラン。濃厚な栗の香りが、モンブラン好きにはたまりません。栗の上品な甘さが、幸せな余韻となって残ります。

ドイツ菓子やフランス菓子、古典菓子のフェアや、さつまいも・栗・カボチャの3種を楽しめるモンブランフェアなどをどんどん仕掛けていきたいとのことなので、限定メニューのラインナップも楽しみです。

焼き菓子は、自宅用にもお土産にも

(中央の緑色「抹茶ブールドネージュ」から時計回りに「フィナンシェ」「男鹿塩レモンマドレーヌ」「クグロフテポンム」「ショコラフィグ」)

・抹茶ブールドネージュ(420円)…市内のお茶専門店康瓏堂」の高級抹茶を使ったクッキー。サクサク、ホロホロと口溶けがよく、抹茶の風味がふわりと広がります。
・フィナンシェ(290円)…ローストしたアーモンドと、焦がし発酵バターを使ったフィナンシェ。
・男鹿塩レモンマドレーヌ(190円)男鹿産の塩(マイルドな塩味)で漬けたレモンを使用。甘味・塩味・酸味のバランスが絶妙です。
・クグロフテポンム(260円)…クグロフはフランス発祥の焼き菓子で、真ん中が凹んだ火山のような形が特徴的。同店のクグロフは、キャラメルでソテーしたリンゴとアールグレイを香らせた、ティータイムにぴったりの一品です。
・ショコラフィグ(270円)…小さなチョコケーキの中に、小坂ワインで煮詰めたドライイチジクが入っています。甘酸っぱいイチジクとチョコの相性がバツグン。

県産食材を使った、カラフルな4種のチョコ

(「AKITA HASHIOKI(アキタ ハシオキ)」8粒入り2,600円・4粒入り900円。8粒は箱入り、4粒は袋入り。写真提供:パティスリーメッスナー)

目玉商品の「AKITA HASHIOKI」は、色鮮やかでユニークな形をしたチョコレート。赤は五城目町のラズベリー、黄色は上小阿仁村のほおずき、緑色は大館市の枝豆、青は男鹿塩キャラメルを使用しており、外はカリッと心地よい歯ごたえ、中は柔らかい食感です。県産食材とチョコレートのコラボを楽しめる一品で、今後は、県南の食材を使った「HASHIOKI県南バージョン」を開発していきたいそう。

地域おこし協力隊としてUターン

大館出身の雄祐さんは、高校卒業後、東京・吉祥寺の菓子専門学校で学び、関東や秋田県内の洋菓子店で修業を積みました。埼玉県のフランス菓子専門店では、お菓子の全国大会で何度も受賞している先輩パティシェに教わった時期もあったのだそう。

(レアチーズケーキの上にクリームをのせていく雄佑さん)

未玖さんは札幌出身。高校卒業後に社会人として働きながら菓子専門学校の夜間の部に通い、卒業後はシュークリーム専門店に就職しました。二人が出会ったのは、埼玉県にいた頃です。「いずれ大館に戻りたい」と考えていた雄佑さんは、2020年に地域おこし協力隊として帰郷。同年に結婚し、未玖さんも雄佑さんを追いかける形で大館に引っ越してきました。

(お客様一人一人に丁寧に接客する未玖さん)

地域おこし協力隊として交流推進課に所属し、人と関わることが増えたと話す雄佑さん。なんと着任後2カ月で、パティシェの修業をしていた8年間に会った人数を超えたのだとか。その人脈が、県内各地の食材を活用したお菓子作りにもつながっています。今年5月に任期が終わるまでは、店舗は不定期の営業となります。(営業日時はインスタグラムをチェック)

低糖質のケーキや焼き菓子も販売したい

藤田さん夫婦には2歳のお子さんがいますが、未玖さんは妊娠中、妊娠糖尿病の診断を受けたのだそう。妊娠中は食事療法を行い、今も食べるものには気をつけています。「妊娠中や授乳中はとてもお腹が空くし、自分へのご褒美に甘いものだって食べたくなります。そんな時、低糖質のお菓子があればいいなと思いました」。同じ病気に悩む人のために、今後、低糖質のお菓子やケーキの販売にも力を入れていきたいと考えています。

(店頭で販売をする未玖さんと、奥でお菓子を作る雄佑さん。息ぴったりの連携プレーです)

地域おこし協力隊の任期完了後は、店舗での販売のほか、焼き菓子やチョコレートのオンライン販売も手がけていきたいとのこと。「まだまだ子どもが小さくて手がかかり、不測の事態が起きて店舗営業がスムーズにいかないこともあるかもしれません。お客様への商品お渡しに時間をいただくこともあるかもしれませんが、満足いただける美味しいスイーツをご提供できるよう夫婦で頑張っていきます」と笑顔を見せてくれました。

家族や大切な人と過ごす特別な日に、自分を労う休息のひとときに、パティスリーメッスナーのスイーツを添えてみませんか♪

※価格はすべて税込みです。

DATA

【patisserie Messoner(パティスリーメッスナー)】
大館市桂城16
※「片町コインパーキング」のサービス券あり(30分)
営業日時はSNSで発信
Instagram
Twitter

Writer

Makiko

Makiko

有限会社無明舎出版勤務を経て、フリーライターとして、雑誌、フリーペーパー、WEBなどの記事を執筆。秋田県大館市在住。秋田県北を中心に、秋田の観光・食・子育て・話題のスポット・スポーツなどについて発信しています。 mama plan(ママプラン)所属
https://mamaplanodate.net/information/

関連記事

〈にかほ市〉グランピングで「知らない秋田」に出会う 99glam

〈にかほ市〉グランピングで「知らない秋田」に出会う 99glam

〈にかほ市〉神社の境内佇む甘味処「金峰園」和スイーツでほっと一息

〈にかほ市〉神社の境内佇む甘味処「金峰園」和スイーツでほっと一息

新鮮でおいしい野菜を届けたい。生産者と消費者をつなぐ野菜の宅配サービス「つなぐ便」

新鮮でおいしい野菜を届けたい。生産者と消費者をつなぐ野菜の宅配サービス「つなぐ便」

〈八峰町〉日本酒好きもコーヒー好きも!山本酒造店が手がけるカフェ&お酒の実験室

〈八峰町〉日本酒好きもコーヒー好きも!山本酒造店が手がけるカフェ&お酒の実験室

〈湯沢市〉日本酒がコンセプトのこだわり空間「地酒屋&カフェTAKAIWA」

〈湯沢市〉日本酒がコンセプトのこだわり空間「地酒屋&カフェTAKAIWA」

見た目も味もやみつきになる!蜜飴林檎のりんご飴

見た目も味もやみつきになる!蜜飴林檎のりんご飴