秋田の女性のWork&Life a.woman

4APRIL
2020

暮らし

〈潟上市〉シンプルな美味しさを追求!幅広い世代に人気のPatisserie HARATA

もうすぐクリスマス!いくつになっても、クリスマスが近づいてくるとウキウキしてしまいますね♪  今回ご紹介するのは、この季節にもピッタリ!潟上市にあるPatisserie HARATA(パティスリー ハラタ)さんです。


(笑顔が素敵なオーナーの原田さんご夫婦。)

兵庫県にある全国的にも注目を集める人気洋菓子店でパティシエをしていたオーナーの原田さん。結婚し子どもが生まれたことをきっかけに、子育ては生まれ育った秋田でしたいと帰郷し、2018年12月潟上市にお店をオープンしました。

オープンから1年たった今は、地元のおじいちゃんおばあちゃん、子どもを連れのお母さんなど、ひっきりなしにお客さんが訪れる人気ぶり!

子どももお年寄りも気軽に入りやすい雰囲気が魅力

大きな窓が開放的でおしゃれな店内には、ケーキ16〜18種類や焼き菓子約20種類、ジャムなどが並んでいます。

可愛らしい木のおもちゃや絵本を置いたキッズスペースもあって、子どもが遊んでいる間に、ゆっくりケーキを選べます♡

また、「ケーキ作りをしている時でも、一番にお客様に気がついて『いらっしゃいませ』と『ありがとうございました』を伝えたい」という想いから、入り口横にある厨房はガラス張りになっています。作っている様子や、作っている人の顔が見えると安心感があるし、子どもたちはお菓子作りに興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

ココにしかないシンプルなケーキでみんなを笑顔にしたい!

原田さんが洋菓子作りで一番大切にしていることは、「できるだけシンプルに」そして「常に高い目標を持って努力し続けること」。

それを体現しているのが一番人気のクリームサンド(860円)です。まさにシンプルの極みとも言える、スポンジと生クリームのみ。

まだ、洋菓子を学び始めたばかりの頃、忙しい仕事の合間に焼きたてのスポンジに生クリームをつけて食べた時、とにかく美味しかった記憶が鮮明に残っていて、そこからこの商品が生まれたそうです。

ふわっふわで軽い口当たりのスポンジと、口の中ですっと溶ける程よい甘さの生クリームは絶品!素朴ながらも上品な味わいで、年代問わず飽きずに食べられます。

もうひとつの人気商品レアチーズケーキ(370円)は、高校時代ラグビー部だった原田さんが、冬の厳しい練習中に見えた雪化粧をした男鹿真山と本山をイメージして作ったそうです。さっぱりとした口どけの良いクリームチーズと香ばしくちょっとほろ苦いパート・シュクレが相性抜群!大人の味わいです。

1月中旬頃までの期間限定商品、鹿角市の成田果樹園のりんごを使ったアップルパイ(380円)もオススメ!採れたてのりんごをコンポートせず、生のまま使っているのでシャキシャキとした歯ごたえが楽しめます。発酵バターを使った香りの良いサクサクのパイ生地と、甘酸っぱいりんごの味わいがさわやかな一品です。

イートインスペースもあり、購入したケーキとコーヒーを一緒に楽しむこともできますよ。写真はイチゴを2層にサンドしたショートケーキ(390円)とコーヒー(ケーキとセットの場合は260円、単品は280円)

クリスマスケーキのご予約はお早めに!

クリスマスケーキは、定番の生クリームデコレーション(4号・2,900円〜)のほか、バタークリームデコレーション(5号・3,800円)や、少人数にピッタリなミニデコレーション(1,800円)など、7種類。予約は、店頭か電話で12月17日(火)まで受け付けています。数量限定なので、予約はお早めに!


(イチゴとラズベリーのジャムとプラリネでアクセントを加えた昔ながらのバタークリームデコレーション


(イチゴムースをサンドし、イチゴミルクマカロンをトッピングしたミニデコレーション

今回の取材で、原田さんは「まだ勉強中です」とおっしゃいながらも、「自分らしさを大切にして常に高い目標を目指す」洋菓子作りにかける情熱や「地元の人の役に立ちたい」などの想いを言葉を選びながら丁寧にお話しをしてくださいました。その飾らない実直な人柄が、そのままケーキや焼き菓子にも現れているのだなぁと感じました。想いのこもった美味しいケーキと心地よい空間に心がほんわかあたたかくなる洋菓子やさん、Patisserie HARATA。ぜひ一度味わってみてくださいね♡

※価格は全て税込。

【Patisserie HARATA(パティスリー ハラタ)】
潟上市天王字追分50-4
電話番号/018-853-8270
営業時間/10:00〜18:00
定休日/水曜・木曜不定
駐車場/5台
Instagram
facebook

この記事を書いたライターこの記事を書いたライター

三浦翠

ブライダル情報誌やタウン誌勤務を経て、現在は1歳の娘の子育てをしながら、フリーライターとして活動中。最近ハマっていることは、断捨離と燻製作り。子育て現役世代ならではの情報を中心に発信していきます!

関連記事

仕事

〈大仙市〉心がほっこり温かくなるマフィンとスコーンのお店「Na-BAKE」

おでかけ

〈潟上市〉手焼き体験ができる!秋田にこだわったせんべい屋「鼎庵(ていあん)」

仕事

〈鹿角市〉限界集落で無農薬のオリジナルブランド米「ゆきのこまち」づくりに挑戦!

おでかけ

<由利本荘市>日々の暮らしが「すこしだけ」楽しくなる「fuuukei」の木工家具

暮らし

ファン待望!あの宝塚歌劇専門チャンネルがCNA秋田ケーブルテレビのチャンネルラインアップに登場!

カラダ

【緊急インタビュー】秋田もコロナで小中高が臨時休校。家庭でできることを専門医に伺いました!

暮らし

〈横手市〉りんごのシュワシュワなお酒!ハードサイダー”OK,ADAM”がデビュー!

仕事

〈秋田市〉お米の美味しさを引き立てるランチ&スイーツが揃うカフェ「R table」

暮らし

【a.womanグルメ女子会】「和食なり」のカウンターで味わう本格日本料理